FC2ブログ

親子二代

2020年08月26日 23:08

長い間山下塾をやってきているので親子二代塾生が誕生するのでは、と、思っている。塾生OBのシュンスケ君が6月に幼稚園年中組の長男ヒロキ君を連れてきたのでアタリを教え純碁ルールで打った。シュンスケ君は自宅近くの藤澤一就さんの子供囲碁教室に連れて行き、インストラクターと打たせた。本式ルールと習い覚えた純碁ルールに戸惑ったという。それならINGO(ingo-web)で指導できるからと登録させた。早速9路4子で打ってみたら石の連絡は少しわかっている。これなら3曲も打てば13路盤に進める。ちょうど三堀将さんの曾孫シュウヘイ君にINGO指導を始めたばかりである。幼稚園二人のネット山下塾のデビューは間近い。

P1194357_20200907224403184.jpg

サマースクールで純碁

2020年08月25日 22:06

私立小学校のサマースクールで2日連続の囲碁の指導をした。1、2年生と3、4年生の二クラスに45分2回で囲碁を知ってもらう取り組みである。先ずは囲碁の歴史を知ってもらうことから、と、正倉院碁盤、隋時代の石製の碁盤の写真、大学での囲碁授業風景など6点の写真を観せてから指導に入った。この学校ではこれまで文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦全国大会に3回出場しているので、本式ルールで教えるか純碁ルールで教えるか迷った。だが学校には囲碁クラブとアフタースクールで囲碁の指導があるので、囲碁は簡単で面白いと思ってもらうには純碁が良いと判断した。無論マスク着用と前後の手指洗いを守ってもらった。みな面白がってくれたが、一番喜ばれたのは終了後に配った日本棋院・大塚製薬提供の紙碁盤とカロリーメイトのプレゼントだったかもしれない。

DSC_1581-2.jpg

友の輪オンライン囲碁スクール

2020年08月22日 23:36

ネット山下塾で使わせてもらっている[ネット囲碁学園]を使って蘇陽国九段が代表になり[友の輪オンライン囲碁スクール」が来週開講する。女流棋士二人を含め総勢棋士9名の講師陣である。日本棋院でも了解されているのであろうから、プロ棋士もオンライン指導に踏み出したのである。ネット囲碁学園主宰の方志昌さんの見通しのによると日本では家賃と人件費が高いからリアル教室よりオンライン教室の方が伸びるとみている。碁盤を挟んでの対局こそ囲碁の醍醐味、なのは変わらないが、オンラインでの広がりもこれからの一つの方向である。

DSC_1527_5_2020091723011725d.jpg

ヤフオク

2020年08月18日 23:26

20年位前にはよくヤフオクを使っていた。出品もしていた。こんなものも売れるのかと面白がっていた。現物は見られず写真だけなので失敗の買い物もあった。榧版だと思い入札し落札して届いた碁盤は新榧盤だったこともある。新榧は柔らかいので表面がすぐにガサガサになるから削って目立てしてもらわないとと使えない。久しぶりに碁石をヤフオクで買いたいと思った。碁石は貝殻なので経年劣化する。黄ばんだ碁石は割れたり欠けたりする。色合いを写真で観て、棋譜並べにちょうど良い厚さの碁笥付き碁石を入札した。最高金額より高くこれくらいまでなら出してもいい価格を入れておいた。自動入札で価格は競り上がっていったが、競り合っていた人が諦めて思っていた金額より低い価格で落札できた。入札の競り合いで意地になると思わぬ金額まで上がってしまうが、買ってもよい金額をあらかじめ決めておくと競り合っても熱くならない。ちょっとゲーム感覚を味わえるのが面白い。ただしクローゼットの一つは碁盤と碁石でびっしり埋まっている状態なので、また買ったの、と日身さんに叱られるかもしれない。

IMG_6399.jpg

AI不正使用

2020年08月16日 06:05

韓国の1月のプロ入段試験でAIの不正使用が発覚し訴訟された事件で先月実行犯が懲役1年、共犯が懲役1年執行猶予2年の判決が下りたとのニュースがあった。海外では賞金のある大会で不正使用の疑惑が発生しており、国内でもネットの大会では怪しいと言われるケースがある。関東学生囲碁連盟のHPに学生本因坊戦関東予選にてAIを不正使用して失格となったことが記載されている、と友人が知らせてきた。AI囲碁が強くなり大会で隠れてそれを使うテクニックが巧妙になってきたので危ぶんでいたが、学生の大会で使用されたのはショックである。関東学生囲碁連盟では氏名を公表しない判断をしているが、もし慶應の学生なら先輩としてその行為について、その影響について話し合いたいと思っている。

水中ダンス

趙治勲杯

2020年08月14日 16:18

千葉県少年少女囲碁連盟の今年の活動は、これまでの予定が中止または延期となっている。第22回趙治勲杯は感染予防策を取ったうえでの企画を提案していた。しかし一日に1000人を超える感染者発生の状況から感染予防対策に特別な解決案が見つからないのではないか、ということでJFEから開催是非の判断を求められた。連盟役員の判断は中止と決まったので実行委員長として意見を添えた。高校野球の甲子園での一試合、各県による県大会が開かれているのは高校球児にとりどんなに大きな喜びになっていることか。囲碁に親しんでいる子供たちも状況は同じである。毎年開催されてきた囲碁大会を一旦中断すると再開するときは立ち上げた時と同じくらいエネルギーが必要である。来年新型コロナウイルスとの共生ができれば盛大に開催できるよう努力する、とした。

IMG_5460.jpg

定 款

2020年08月11日 00:00

特定非営利活動法人囲碁文化継承の会 定款


第1章総則
(名称)
第1条この法人は、特定非営利活動法人囲碁文化継承の会という。

(事務所)
第2条この法人は、主たる事務所を千葉県船橋市に置く。

第2章 目的及び事業
(目的)
第3条この法人は、千葉県および首都圏在住の子ども及び高齢者等に対して、囲碁の普及に関する事業を行い、幼年者及び青少年の健全な成長並びに高齢者の健康の増進を図り、もってすべての人々が健やかに暮らせる地域社会づくりと福祉の増進に寄与すること並びに囲碁を通した国際文化交流を目的とする。

(特定非営利活動の種類)
第4条この法人は、第3条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(2)子どもの健全育成を図る活動
(3)保健、医療、又は福祉の増進を図る活動
(4)社会教育の推進を図る活動
(5)まちづくりの推進を図る活動
(6)国際協力の活動

(事業)
第5条この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行なう。
(1)幼稚園、小学校、中学校等のカリキュラムへの囲碁導入事業
(2)文部科学省主催の子供囲碁教室の参加者に対するフォロー事業
(3)老人ホーム、公民館、自治会館等におけるサークル活動の支援事業 
(4)囲碁普及活動のための教材の開発とその斡旋及び販売等に関する事業
(5)各種囲碁交流会開催に関する事業
(6)各種囲碁大会開催に関する事業
(7)各種囲碁講座開催に関する事業
(8)各種囲碁国際交流活動に関する事業
第3章 会員
(種別)
第6条この法人の会員は、次の3種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
(1)正会員・・・・趣旨に賛同し、総会の決議への参加、この法人の運営等を行う。
(2)活動会員・・・趣旨に賛同し、囲碁の指導等事業の遂行を行う。
(3)賛助会員・・・趣旨に賛同し、会費を納めることでこの法人を支える。
  
(入会)
第7条会員の入会については、特に条件を定めない。
2会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとし、理事長は、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
3理事長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)
第8条会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

(会員の資格の喪失)
第9条会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)退会届の提出をしたとき。
(2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
(3)正当な理由なく会費を滞納し、催告を受けてもそれに応じず、納入しないとき。
(4)除名されたとき。

(退会)
第10条会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

(除名)
第11条会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)この定款等に違反したとき。
(2)この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(拠出金品の不返還)
第12条既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

第4章 役員及び職員
(種別及び定数)
第13条この法人に次の役員を置く。
(1)理事 3人以上 12人以内
(2)監事 1人以上 2人以内
2理事のうち1人を理事長とし、副理事長を2人、事務局長を1人置くことができる。

(選任等)
第14条理事及び監事は、総会において正会員の中から選任する。
2理事長、副理事長及び事務局長は、理事の互選とする。
3役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは3親等以内の親族が1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。
4監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねることができない。

(職務)
第15条理事長は、この法人を代表し、その業務を総理する。
2副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるとき又は理事長が欠けたときは、理事長があらかじめ指定した順序によって、その職務を代行する。
3理事は、理事会を構成し、この定款の定め及び理事会の議決に基づき、この法人の業務を執行する。
4監事は、次に掲げる職務を行う。
(1)理事の業務執行の状況を監査すること。
(2)この法人の財産の状況を監査すること。
(3)前2号の規定による監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを総会又は所轄庁に報告すること。
(4)前号の報告をするため必要がある場合には、総会を招集すること。
(5)理事の業務執行の状況又はこの法人の財産の状況について、理事に意見を述べ、若しくは理事会の招集を請求すること。

(任期等)
第16条役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
2前項の規定にかかわらず、後任の役員が選任されていない場合には、任期の末日後最初の総会が終結するまでその任期を伸長する。
3補欠のため、又は増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。
4役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。

(欠員補充)
第17条理事又は監事のうち、その定数の3分の1を超える者が欠けたときは、遅滞なくこれを補充しなければならない。

(解任)
第18条役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを解任することができる。この場合、その役員に対し、議決する前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき。
(2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

(報酬等)
第19条役員は、その総数の3分の1以下の範囲内で報酬を受けることができる。
2役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。
3前2項に関し必要な事項は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。

(事務局及び職員)
第20条この法人に、事務を処理するため事務局を設け、事務局長及び必要な職員を置く。
2事務局長は、理事会の議決を経て理事長が委嘱し、職員は理事長が任免する。
3事務局の組織及び運営に関する必要な事項は、理事会の議決を経て理事長が別に定める。

第5章 総会
(種別)
第21条この法人の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。

(構成)
第22条総会は、正会員をもって構成する。
 
(権能)
第23条総会は、以下の事項について議決する。
(1)定款の変更
(2)解散
(3)合併
(4)事業計画及び予算並びにその変更
(5)事業報告及び決算
(6)役員の選任又は解任、職務及び報酬
(7)入会金及び会費の額
(8)その他運営に関する重要事項

(開催)
第24条通常総会は、毎年1回開催する。
2臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。
(2)正会員総数の2分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3)第15条第4項第4号の規定により、監事から招集があったとき。
3 総会は、WEB会議ツールを利用して、オンラインにて開催することができる。

(招集)
第25条総会は、第24条第2項第3号の場合を除き、理事長が招集する。
2理事長は、第24条第2項第1号及び第2号の規定による請求があったときは、その日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。
3総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面又は電磁的方法をもって、少なくとも5日前までに通知しなければならない。

(議長)
第26条総会の議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出する。

(定足数)
第27条総会は、正会員総数の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。

(議決)
第28条総会における議決事項は、第25条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。ただし、議事が緊急を要するもので、出席した正会員の4分の3以上の同意があった場合は、この限りではない。
2総会の議事は、この定款に規定するもののほか、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
3理事又は正会員が総会の目的である事項について提案した場合において、正会員全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、当該議案を可決する旨の総会の決議があったものとみなす。

(表決権等)
第29条各正会員の表決権は、平等なるものとする。
2やむを得ない理由のため総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について書面若しくは電磁的方法をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができる。
3前項の規定により表決した正会員は、第27条、第28条第2項、第30条第1項及び第51条の適用については、総会に出席したものとみなす。
4総会の議決について、特別の利害関係を有する正会員は、その議事の議決に加わることができない。

(議事録)
第30条総会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
(1)開催日時及び場所
(2)正会員総数及び出席者数(書面若しくは電磁的方法による表決者又は表決委任者がある場合にあっては、その数を付記すること。) 
(3)審議事項
(4)議事の経過の概要及び議決の結果
(5)議事録署名人の選任に関する事項
2議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が記名、押印しなければならない。
3前2項の規定に関わらず、正会員全員が書面又は電磁的記録をもって同意の意思表示をしたことにより、総会の決議があったとみなされた場合においては、次の事項を記録した議事録を作成しなければならない。
(1)総会の決議があったものとみなされた事項の内容
(2)前項の事項の提案をした者の氏名又は名称
(3)総会の決議があったものとみなされた日
(4)議事録の作成に係る職務を行った者の氏名

第6章 理事会
(構成)
第31条理事会は、理事をもって構成する。

(権能)
第32条理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)借入金(その事業年度内の収入をもって償還する短期借入金を除く。第50条において同じ。)その他新たな義務の負担及び権利の放棄
(4)事務局の組織及び運営に関する事項
(5)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項
 
(開催)
第33条理事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)理事長が必要と認めたとき。
(2)理事総数の2分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(3)第15条第4項第5号の規定により、監事から招集の請求があったとき。

(招集)
第34条理事会は、理事長が招集する。
2理事長は、第33条第2号及び第3号の規定による請求があったときは、その日から14日以内に理事会を招集しなければならない。
3理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面又は電磁的方法をもって、少なくとも5日前までに通知しなければならない。
4理事会は、WEB会議ツールを利用して、オンラインにて開催することができる。

(議長)
第35条理事会の議長は、理事長がこれに当たる。

(議決)
第36条理事会における議決事項は、第34条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。ただし、議事が緊急を要するもので、出席した理事の2分の1以上の同意があった場合は、この限りではない。
2理事会の議事は、出席理事の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(表決権等)
第37条各理事の表決権は、平等なるものとする。
2やむを得ない理由のため理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面又は電磁的方法をもって表決することができる。
3前項の規定により表決した理事は、第38条第1項第2号の適用については、理事会に出席したものとみなす。
4理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。
 
(議事録)
第38条理事会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。
(1)開催日時及び場所
(2) 理事総数、出席者数及び出席者氏名(書面又は電磁的方法による表決者にあっては、その旨を付記すること。)
(2)審議事項
(3)議事の経過の概要及び議決の結果
(4)議事録署名人の選任に関する事項
2議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が記名、押印しなければならない。

第7章 資産及び会計
(資産の構成)
第39条この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
(1)設立当初の財産目録に記載された資産
(2)入会金及び会費
(3)寄付金品
(4)財産から生じる収益
(5)事業に伴う収益
(6)その他の収益

(資産の区分)
第40条この法人の資産は、特定非営利活動に係る事業に関する資産とする。

(資産の管理)
第41条この法人の資産は、理事長が管理し、その方法は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。

(会計の原則)
第42条この法人の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行うものとする。

(会計の区分)
第43条この法人の会計は、特定非営利活動に係る事業に関する会計とする。

(事業計画及び予算)
第44条この法人の事業計画及びこれに伴う予算は、理事長が作成し、総会の議決を経なければならない。
 
(暫定予算)
第45条前条の規定にかかわらず、やむを得ない理由により予算が成立しないときは、理事長は、理事会の議決を経て、予算成立の日まで前事業年度の予算に準じ収益費用を講じることができる。
2前項の収益費用は、新たに成立した予算の収益費用とみなす。

(予備費の設定及び使用)
第46条予算超過又は予算外の費用に充てるため、予算中に予備費を設けることができる。
2予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。

(予算の追加及び更正)
第47条予算作成後にやむを得ない事由が生じたときは、総会の議決を経て、既定予算の追加又は更正をすることができる。

(事業報告及び決算)
第48条この法人の事業報告書、活動計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、理事長が作成し、監事の監査を受け、総会の議決を経なければならない。
2決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。

(事業年度)
第49条この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(臨機の措置)
第50条予算をもって定めるもののほか、借入金の借入れその他新たな義務の負担をし、又は権利の放棄をしようとするときは、理事会の議決を経なければならない。

第8章 定款の変更、解散及び合併
(定款の変更)
第51条この法人が定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の4分の3以上の多数による議決を経、かつ、法第25条第3項に規定する事項を変更する場合、所轄庁の認証を得なければならない。

(解散)
第52条この法人は、次に掲げる事由により解散する。
(1)総会の決議
(2)目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能
(3)正会員の欠亡
(4)合併
(5)破産
(6)所轄庁による設立の認証の取消し
2前項第1号の事由によりこの法人が解散するときは、出席正会員の4分の3以上の承諾を得なければならない。
3第1項第2号の事由により解散するときは、所轄庁の認定を得なければならない。

(残余財産の帰属)
第53条この法人が解散(合併又は破産による解散を除く。)したときに残存する財産は、法第11条第3項に掲げる者のうち、総会にて決議した者に譲渡することができるものとする。

(合併)
第54条この法人が合併しようとするときは、総会において出席正会員の4分の3以上の議決を経、かつ、所轄庁の認証を得なければならない。

第9章 公告の方法
(公告の方法)
第55条この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、官報に掲載して行う。
ただし、法第28条の2第1項に規定する貸借対照表の公告については、この法人のホームページに掲載して行う。

第10章 雑則
(細則)
第56条この定款の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て、理事長がこれを定める。


附則

1.この定款は、この法人の成立の日から施行する。
2.この法人の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
理事長         山下 功
副理事長        八巻 克郎
事務局長        福島 清
理 事         田邊 明
  同         楠本 和弘
  同         川本 裕
  同         藤崎 三佐雄
  同         大野 富積
  同         海野 由造
  同         鍛冶 英吉
監  事        山下 節子
  同         福島 節子
3.この法人の設立当初の役員の任期は、第16条第1項の規定にかかわらず、成立の日から平成20年3月末日までとする。
4.この法人の設立当初の入会金及び会費は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。
①正会員  入会金 2,000円、年会費 6,000円
②活動会員 入会金 2,000円、年会費 3,000円
③賛助会員 入会金 5,000円、年会費 10,000円


感謝の気持ち

2020年08月06日 22:50

中学3年生からお礼のメールが届いた。簡にして明、これまでのお礼と今後それを生かしてゆく気持ちを表す感謝のメールである。山下塾では毎週世界の棋譜から闘いを感じられる棋譜を選んで送りその感想を返してもらうのを宿題としている。塾生以外に二人の子供に3年間ほど同じ宿題を転送していたが、それに対する田島君からのメールである。感謝の気持ちを文章にして表わせる能力を持っていることは素晴らしい、と彼に伝えた。ぜひ同じ文章を手紙に書いて送ってくれるように頼んだ。もし田島君がこれから感謝の気持ちを手紙に書いて相手に送る習慣がつけば彼の有力な武器になると信じたからである。縁のある子供が思いがけない能力を示してくれるのは指導者冥利である。

IMG_5460.jpg

碁楽教室

2020年08月04日 22:32

新柄コロナウイルス感染症対策の一環で公民館では来所者の名簿を事前に提出することが義務化されている。中央公民館囲碁サークル「碁楽教室」に6か月ぶりの指導に行った。久しぶりなので一言挨拶をした。先ずサークル活動をよくぞ再開した、と評価し、外出自粛生活で皆生活を少なからず変えたであろうこと、自分は車なしの生活にしたこと、人と会うのがいかに大切かを自覚したことを話した。これまでこの囲碁クラブの指導は実戦を通じてするのが何よりと考え、10面打ちでの指導であった。10面打は時間にして3時間を超えることがあり、かなりの負担であった。今回から6面打ちに変えてもらった。2時間で収まり指導対局も丁寧に打つことができた。6名みなが又打ちたいを思ってくれたことであろう。30余年前、「囲碁は人をつなぐゲーム」であることを教えてもらったのがこの碁楽教室である。これからも大切にしてゆこう。

DSC_1564.jpg

牛栄子さん三段昇段

2020年08月03日 20:22

山下塾OGの牛栄子さんが三段に昇段した。週間碁の記事で男性棋士に伍してこのところ勝ち星の上位にランクされているからそろそろ昇段と思っていた。日本棋院既定の棋戦で通算40勝をあげての昇段である。男性棋士にはほぼ五分で女流棋士には7割の勝率である。勝ち星の中でも大西竜平四段、謝依旻六段、関航太郎二段の勝ち星は見事である。これらの勝ち星は女流トップクラスに近づいている証である。あとタイトルを一つでも獲ると自信となり一段と飛躍するであろう。

牛:大西

退塾

2020年07月29日 23:06

中学3年のソウタロウ君が7月末で退塾する。高校受験に全力投球するのである。ソウタロウ君は柏の子供囲碁教室の高崎さんから初段になったので山下塾で鍛えてほしいと頼まれて入塾した塾生である。一昨年、昨年と千葉県の代表校として全国大会に出場した柏4中の主将である。小学生3年から毎週よく柏から通ってきたものだ。いまの山下塾ではソウタロウ、ケンタ、ケイジロウは3羽カラスである。柏4中は棋力が付いたので今夏は全国でもベスト8を狙えるところだったが、コロナ禍で県大会、全国大会全てが中止になったのは残念である。囲碁を学んでいる塾生は頭を使うエネルギーは十分あり、集中力も培われている。きっと来春にはうれしい報告に来てくれるであろう。

IMG_6133_20200804094742c2c.jpg

1人1分1円

2020年07月25日 22:51

ネット山下塾は火曜日と土曜日に開催しているが、土曜日は二クラスにまたがる十数人が参加する。今日は中務さんのほか三堀、四童子両氏がサポートを申し出てくれた。3人いると二クラスの進行を見ながら組み合わせをするのが楽である。手空きの塾生にする指導碁も余裕をもってでき、塾生の対局も観戦できる。三堀さんがネット囲碁学園の掲示板を見て教室を主宰している先生に課金されること気づいてくれた。課金は一人1分1円である。1円というと大した金額ではないと思っていたが、確かに土曜日180分×10数人分と火曜日120分×7、8人分を計算して一と月分を合計するとそれなりの金額にはなる。面倒臭い数字なので塾長からは言い出せないと思っていた。日見さんはゴルフ1回減らせばいい、と言っている。わかりやすい表現だ。三堀さんは実費だから塾生側で負担すべきと言ってくれている。忖度されるとはこんなことか、とありがたく受け止めている。

DSC_0301_20200821222155b3a.jpg

ネット囲碁学園を使ったネット山下塾の指導

2020年07月19日 22:57

ネット山下塾は新型コロナ感染の広がりと同時に始めた。3月から6月まで毎日通ってきた塾生の進歩には驚嘆した。その父兄の指摘によると、日、祝日を除いて4か月間やるとほぼ100日になり、これは週に一回開催している山下塾の2年分に匹敵する期間だからそう不思議ではない、と言えなくもないが、それにしても上達が凄い。さて新PCにネット山下塾をセットしたら映像と声が出てこない。サイトの方さんにSOSを発したらTeam Viewerでの遠隔操作をしてくれた。ああでもない、こうでもないと20分くらい作業していたら、いきなり音声、映像ともにつながった。ネット囲碁学園は映像、音声を使って10人単位の教室での指導ができる。参加一人あたり1分1円の費用はそう高くはない。もっとネット囲碁学園の機能を熟知すればオンラインでの囲碁指導には格好の指導ツールになる。

DSC_1605_1.jpg


船橋幼稚園囲碁指導初日

2020年07月14日 22:23

今季初めての幼稚園での囲碁講座である。幼稚園は6月から保育を始めたので夏休み前に囲碁授業を始めるのは無理だろうと思っていたが、船橋幼稚園では9月になる前に囲碁指導者の紹介だけでもしたいとの意向である。いつもはルールとマナーを話してすぐに対局するのだが、対面は避けた方が良いのでアタリの問題をプリントして答えrてもらうことにした。幼稚園では机を並べると2mの間隔が取れないので椅子を机にも使えるように工夫してある。園児には囲碁より人として受け入れてもらえるのか、顔を見たら手を振ってもらえるか、が肝心なことである。二クラス30分でその感じはつかみ、よいスタートを切れた。

DSC_1512.jpg

経営者研修囲碁講座2日目

2020年07月13日 22:28

経営者研修囲碁講座は昨日に続き二日目である。先ず昨日の第30期研修生17名の指導を終えたあと第29期の研修生の指導である。昨年3月からこれまで5回の一泊研修を終え今回で6回目の第29期の研修生は新型コロナウイルス感染の影響で半減して7名である。囲碁研修に割り当てられている90分で、棋力判定と今後囲碁を学んでいくうえでの課題を各人に伝えることにしている。研修生が多い時には20数名になるので全員との対局はできないが、7名であれば全員と対局してその人に適した指導ができる。これまでの5回で他の囲碁講師からおおよその判定級は聞かされているが、自分なりにどれくらいの腕前かを観るのに囲碁の手筋を取り入れた問題を16問やってもらい、さらに対局するとかなり正確に級の判定ができる。この新型コロナの状況で列車に乗って研修会場に来るのは勇気のいることである。それに免じて大甘で級を認定した。大甘であっても目指していれば必ず達するので実害はない。

DSC_0932_20200716074017b50.jpg

経営者研修囲碁講座1日目

2020年07月12日 23:00

アイウイルの経営者養成研修の囲碁講師を受けて11年になる。毎期3月に新研修生に囲碁と経営の話をして囲碁入門講座を行う。今年の第30期研修は新型コロナウイルス感染の影響で7月にずれ込んだ。東京の感染者が増える中で日本各地から参加してくる研修生に接するのは如何に、と気になっていたが、参加者は17名で程よい空間が保て安堵した。グーグルが巨費を投じて人間に役立つAIを開発するためにコンピューターが人間に打ち勝つことが一番難しいと考えられてきた「囲碁」を取り上げたという話から進め、その結果AIが人間を超え囲碁のこれまでの価値観が変わり自由な発想で打つようになったことから、囲碁を始めるには絶好の時期である、と話した。囲碁が経営者研修に役だったと思うには、かなりの棋力に達してからである。まずは囲碁は面白そうであり直ぐにはじめられると思ってもらうのが何よりである。初日の90分でルール説明をして9路盤で対局してもらい、翌日の90分で13路盤で対局・終局させるにはちょっとしたコツがある。これからほかの講師の指導と自分のINGOでの指導を続けて、来年3月にはどうなるか、再会が楽しみである。

DSC_1508.jpg

囲碁クラブ

2020年07月11日 22:21

私立小学校の囲碁クラブの初日である。これまでより少ない6名からの出発である。最初、テスト問題を12題出して答えてもらったが、丁度各二人ずつの3組に棋力の差がある。テキストには3段階のものを使い似通った二人3組での対局を主にさせて棋力を上げていくことにした。新任のクラブ担任の先生は全く囲碁を知らない。この機会に、と入門講座をした。この学校のサマースクール囲碁には62名が申し込んできている。アフタースクールは26名である。生徒には囲碁が広がってきているので、先生方の関心に力を注ぎたいと思っている。

DSC_1502.jpg

フリースクール純碁入門講座

2020年07月09日 23:03

都内のフリースクール中学校に3年間囲碁の指導に通っていたが、昨年からは新入生に1回だけ入門講座をすることにした。今年の予定は5月になっていたが新型コロナウイルス禍で7月にずれた。生徒と先生合わせて40名である。1時間の講座なので「純碁」での指導とした。冒頭で2年前に東京都中学校囲碁大会に個人戦、団体戦に参加した先輩は、その大会で友達を作った、と話した。純碁は10分ルールを話せば全くの初心者でも終局が出来るところが優れている。今回も殆どの生徒が終局できている。生徒の間を走り回っていると特に興味を持った生徒が何人か目に付いた。I君、K君二人に君たちがリーダーになって囲碁を盛り上げてネ、と頼んだ。次は来週の火曜日だそうだが、その日に両君が何人仲間を連れてくるかで囲碁の時間が活発になるかが決まるだろう。今後の指導を受け持つ二人によろしくと託した。

5か月振りに囲碁指導再開

2020年07月02日 22:27

小学校での囲碁指導が五か月ぶりに再開された。学校では密にならないように家庭科で使う教室を準備してくれた。この教室なら対局前、対局後の手洗いが容易い。使った碁石は係の先生が終了後纏めて洗い、机と椅子も消毒してくれる。対局前後の手洗いにマスク着用、対局中はしゃべらないことを徹底するので飛沫感染はほぼ防げるでであろう。19年度からの継続組と新規組とをクラス分けして指導内容も当然別々に行う。これまでは家に持って帰る問題には裏に答えを印刷して家で勉強してくるようにしたが、これはあまり効果がなかったので、次の週に答えを書いてくるように変えた。宿題として毎週問題に取り組むようになれば進歩は早くなるだろうと思っている。

IMG_9317.jpg

パソコンスペック

2020年06月29日 22:47

AI囲碁が2016年に韓国棋士李世石九段に賞金100万ドルの勝負をして4-1で勝ち、2017年には人類最強棋士といわれた中国棋士柯潔九段に賞金150万ドルの勝負をして3-0で勝利、完全に人類を抜いたと証明された。この時は分散コンピューテイングといい、複数のコンピューターを並列しての組み立てであった。パソコンで使えるAI囲碁でもプロ棋士が4子のハンデでも勝てないとされてきている。パソコンのスペックが高いほど強くなる。AI囲碁の研究者が今のAI囲碁の強さを引き出すパソコンのスペックCPU,GTX,メモリ、SSD・・・・・などなどを書いている。この道で敬愛する馬渕さんに聞いたところ、GTX1660以上なら1子は強くなる、と答えてくれた。パソコンを買い替える予算の範囲内でよりスペックの上のパソコンを調べるのに3日費やした。決めたパソコンは即納ではなく3週間後に納品される。新しいパソコンが到着したらAI囲碁の強さがどれくらいなのか、挑戦するつもりである。それまでしばらくは手持ちパソコンでAI囲碁との真剣勝負をしている。

202007150951327b3.jpg





最新記事