FC2ブログ

八千代市勝田台南小学校

2019年11月06日 23:03

八千代市の「ふれあい教室」に囲碁指導と登録してあるので、毎年4月に幾つかの施設から囲碁指導依頼が舞い込んでくる。勝田台南小学校もその一つである。トランプ、オセロ、百人1首などのゲームに加えて初めて囲碁をと、頼まれた。クラブ員は29名で指導時間は1時間である。まずは囲碁の歴史、世界の囲碁事情、AI囲碁の登場、日本の若いプロ棋士の活躍などを解説し、これからは、囲碁が打てると自慢できますよ、と話した。一回限りの入門指導には「純碁」が最適である。マナーと5つのルールとお互いにパスで終局と話し対局させた。二人の先生も加わり何局も対局できた。純碁の良いところは、自分たちで終局出来るところと、もう一つは「眼」が2つあれば取られないということが、大した説明なく理解されることである。校長、教頭、二人の担任の先生も喜んでくれた。来年も依頼が来るであろう。

DSC_0873.jpg

幼稚園無償化

2019年11月05日 22:46

16年前から三幼稚園での囲碁指導を続けているが、10月から始まった幼稚園無償化はこれからの幼稚園にどんな変化をもたらすか、大いに気になる。これまで高い入学金や保育料を払っても有名幼稚園に入れたいというブランド志向は薄れていくのだろうか。保護者は保育に採り入れる内容の価値で選ぶようになるのだろうか。教育費の負担が減ることで、習い事に通うようになるのだろうか。そんな変化のなかで、囲碁を保育に採り入れている幼稚園は価値を上げるのか、考えてしまう。価値を上げるのであれば年間の囲碁指導の時間を増やす提案をすべきかと思う。折よく、幼稚園の囲碁指導の手伝いをすると言ってくれる人も現れている。

CIMG3949.jpg

ホゴゴ

2019年11月02日 22:57

山下塾ではチチゴとホゴゴがある。チチゴは塾生の父親が囲碁を打つ会で、ホゴゴは塾生の保護者が対局する会である。チチゴは定例として津田沼碁会所で続けられている。ホゴゴの方は子供が打っている間に父親母親が別の部屋で打っていたのだが、このところ途絶えている。最近中学受験やら何やらで塾生の人数が減ったので、同じ部屋で打てば、と勧めたところ早速今回から再開された。大体、親が囲碁を打つので子供に教えたという場合より、囲碁を打ち出した子供につられて始めたケースの方が多いのである。まだ打っていない父親二人に、一家で囲碁を打つと会話がはずみますよ、と強く薦めた。言うまでもないが、親たちが真剣に対局している姿は塾生たちにとっても計り知れない効果がある筈である。
DSC_0859.jpg

囲碁大会賞品

2019年11月01日 22:59

小学校の囲碁指導の最後の2回は囲碁大会をやることにしている。勝った嬉しさ、負けた悔しさを味わってもらいたいからである。表に記入することでその思いは十分味わうのであるが、折角リーグ戦で順位を決めるのだから賞品を用意したい、と思っている。小学5年生の孫に、高学年の子供が喜ぶ小さなものってなーに?とメールで聞いてみた。図書券、商品券から始まり、囲碁の本、スケジュール帳、英語辞典、電子ノート、シャープペン、5ミリマスノート、定規、蛍光ペン、A4ファイル、ハンドタオル、キーホルダー等など、それは沢山列記されて返ってきた。値段の張るものは駄目、だからといってちゃちなものは「フン」となる。送られたリストを参考に安価でオシャレなものをみつけていたい。

日の出

純碁から囲碁へ

2019年10月30日 23:02

薬円台小学校囲碁部は船橋市で一番囲碁が盛んな小学校である。年間8回指導に出向いている。当初から初めの4回は9路盤純碁で対局させ、あと2回で13路盤で本式ルーを指導、残り2回は薬円台小学校囲碁大会と冠してリーグ戦を打たせるという構成にした。今日は純碁から本式ルールになる。この段階で「眼」の説明をする。「眼」が二つあれば生き石、なければ死に石の説明をする。13路盤で簡単な打ち方を示して対局させてみた。純碁から本式ルールの移行は全く問題なく理解してくれ、殆どの生徒は終局出来ている。囲碁大会に気の利いた賞品を準備しなくては、とおもっている。
DSC_0851.jpg

フリースクール

2019年10月29日 22:05

フリースクールとは色いろな意味のあるスクールだが、日本では既存の学校と違う、不登校の子供を対象にした施設をフリースク ールと称している。縁のある子がフリースクール東京シューレ葛飾中学校に入学したので3年間囲碁指導に通った。生徒は出たり覗いたりで常連は3人であった。だが生徒が東京都中学校囲碁大会に参加して、私立の難関中や区立中学校と一緒に対局する姿は教師には新鮮に映ったようだ。今年の初めには参加できる生徒と教師が揃って囲碁入門講座を受けてくれた。NHKのニュースや新聞でこの学校法人理事長奥地圭子さんが来年4月江戸川区にフリースクール小学校を開校する見通し、と報道された。フリースクール中学校だけでなく小学校も必要、と永年奔走されていたのを知っているので、おめでとうございます、と手紙を書いた。フリースクール小学校でも囲碁入門の企画があれば声を掛けてください、と書き添えた。きっとお声がかかるであろう。
散歩

若武者ランキング戦

2019年10月27日 23:06

若武者ランキング第3ラウンドの二回目である。参加者10名で少ない。末原君、田君と名看板が受験勉強で休場している上、藤森君が院生になったので、いささか迫力に欠ける。35分切れ負けルールで1日3局打ち、勝ち越すと昇点、負け越しで降点するので一局一局が厳しい。今日は面白いケースがあった。黒勝利目前であるが、数えるには互いにダメを打ち合って終局すると決めてあるので、打目が詰まると手になるケースがよくある。碁会所で打っていると、気が付いている方がココ手入れです、と相手に注意することが多い。若武者はそうはいかない。簡単な形だと気が付くが、難しいと棋力に応じて手が見える見えないの差が出て来る。終局前から気が付いている白はダメが詰まった瞬間手にした。勝負に辛いのは若武者の持ち味である。
DSC_0838.jpg

スマホ写真

2019年10月25日 23:40

小学校の囲碁指導で対局途中で時間が来た時には双方にどちらがいいと思う?、と聞くことにしている。意見が一致する時は「そうだね」と勝ち負けを判定する。意見が分かれたときにはスマホで局面を写真に撮り次の時に局面を再現して対局を再開させる。また子供の指導碁で下手が妙手のときにも写真に撮っておき、保護者にLINEで送り家でも見てもらうことにしている。この前の放課後こども囲碁教室で遅れてきた年中組の3人に①碁盤の線の交わったところに交互に打つ、②石から出ている線をふさげば相手の石は取れる、③取られる形のところは打てない、④純碁ルールで最後に石の多いほうが勝ち、を10分ほど教えて7路盤で打たせた。しばらくほかの子の指導に回り戻って二人の局面を見てびっくり。年中組の子が10分聞いただけでこの局面とは!そばにいたお母さん二人にスマホで写真を撮り記念にとっておくよう勧めた。二人が囲碁が打てるようになった時、初めての対局がコレ、と自慢になる。
DSC_0826.jpg

放課後こども囲碁教室

2019年10月23日 23:23

神明幼稚園で放課後、囲碁を打ちに園児、卒園児が集まっていると聞いた。それなら誰か指導者を差し向けよう、と話していた。指導者が来てくれるなら、と「神明幼稚園放課後こども囲碁教室」と名前を付けて募集した。なんと園児、卒園児が31名も集まった。9路、13路、19路で打つ卒園児、石取りゲームの年長組、全く初めての年中組という構成である。人数と棋力の差が大きい子供の集まりでは子供指導の経験がなければ難しい。しかもボランティアだから、尚更頼みにくい。結局自分がやることになって幹事役の母親と打ち合わせをした。先生方の研修のため月に一回小学生が半日で帰る日を選んで2時半から4時までの囲碁教室が始まることになった。園長も反響の大きさにびっくりして全面的な協力を申し出ている。経験組、年長組、年中組の3クラスに分けての指導である。年中組年長組は純碁の指導、経験者組はおおよそのハンデを決め対局中心とした。全体のリーダーは5年生のコウ君を指名して始めと終わりの挨拶をリードすると決めた。問題や対局であっという間の1時間半が過ぎた。順調な滑り出しと観た。

DSC_0825_20191024223049b5b.jpg

塾生からもらう感動

2019年10月20日 23:00

山下塾で毎週出している棋譜並べの宿題で、塾生はその棋譜の中で一番好きな手を選ぶことになっている。それぞれ棋譜並べに慣れてきているので突拍子もない手は選ばない。今週の宿題は名人戦第5局である。塾生二人が89の手を選んだ。ケンタは四段なので手厚いと感じたのである。もう一人コウノスケは幼稚園児で16級である。多分この手の意味は正確には理解してないのであろう。しかし塾長はこの手を選んだコウノスケに感動を覚える。先週は8級のカンタの選んだ手に感動した。塾生たちは棋譜並べで何かしら身に付けているのであろう。
第1局

獅子博兎

2019年10月17日 22:36

S学院小囲碁クラブでは19路盤での対局はするが、勝ちたいと言う気持ちで打っている子が少ない。たとえ45分でも囲碁クラブで囲碁を打つ以上勝とうと思って打ってもらいたい。自分の頭で考えて打つのだから、勝てば嬉しいし負ければ悔しい。それを味わってもらわなければ勿体ないと思う。担任の先生にリーグ戦の表と対局組み合わせを作ってもらった。部員8名は之までと違い真剣に対局している。9子コミ30目の対局では5目差の熱戦ぶりである。これまでのしゃべりながらの対局と違って、美しかったと四字熟語の「獅子搏兎」を説明して褒めてあげよう。
リーグ戦

米寿記念

2019年10月16日 06:55

大学同クラスの同窓会に集う仲間の齢をいうと、昭和7年生まれから14年生まれまでと幅がある。今回は最年長の福沢武君の米寿の祝いを兼ねてクラス会を開いた。61名のクラスで亡くなった人は20名、健康上不参加の人十数名で、今回集まったのは16名である。今日は特に或る一人と話がしたいと思って出向いた。或る一人とは岡山から参加する I 君である。今夏、第16回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦全国大会に応援に行った折、パンフレットに岡山県小学校代表校の中に I 君と同姓の名前が目に入った。珍しい名前なので I 君に電話で確かめたら、やはりお孫さんであった。今日、彼にINGOの話をして、今はインターネットで囲碁指導ができる旨、お孫さんに手紙を書いて彼に託した。場所と年代が離れていても囲碁を通じて学友の孫と友達になれるのは愉快なことである。

DSC_0791.jpg

囲碁殿堂入り

2019年10月15日 13:55

日韓の政治の世界では厳しい状況にある。国益を守るためには外交上譲れないこともある。一方庶民感覚から言えば喧嘩していると互いに得なことはない。ところで長南哲さんが囲碁殿堂入りした。長南哲さんは韓国人で初の日本棋院プロ棋士で、韓国の現代囲碁の開拓者と言われている人である。政治と関係なく芸術文化である囲碁で長南哲さんが殿堂入りしたのは韓国の囲碁ファンにとってビックニュースであろう。おりしも韓国で「反日種族主義」がベストセラーになっている。これまでの反日と違った考えが読まれている今の時期に、囲碁では分け隔てないと知らせたい。囲碁ライターの秋山賢司さんに、彼が親しくしていて今国会議員になっている曺薫鉉さんにこのニュースを広く韓国囲碁ファンに広めてもらうよう電話して、と頼んだ。

kungen.jpg

橋本寛さん

2019年10月14日 06:43

橋本寛さんが亡くなった。彼はふなばし囲碁協会の専務理事として会の運営に設立当初から力を貸してくれた。またNPO法人囲碁文化継承の会にも発足と同時に会員になり活動してくれていた。彼の発想で開催した級位者だけの囲碁大会は今年で22回を数える。こうだと思ったことは、多少の異見は吹き飛ばす馬力があった。その一方で小学校放課後教室「ふなっ子」での囲碁指導では、きめの細かい指導をしてくれていた。10歳年下の棋友に先立たれるのは寂しいが、これまで創り上げた大会や子供指導では跡を継ぐ人を育てているのは見事である。ご冥福を祈る。

IMG_1538.jpg

対韓国延世大囲碁交流

2019年10月11日 19:38

12年間相互訪問して開催している慶應義塾大と韓国延世大学との囲碁交流は来年慶應に迎える番になっている。昨今の日韓関係の惡化を懸念して3月に開催する予定を慶應義塾大学幹事から延世大学金真煥さん(韓国大学囲碁OB会会長でもある)に打診した。すぐ、「両国政府間の政治問題など我々(延世棋友会)は重要なことだとは思っておりません。当然ですが来年3月三田キャンパスで開催される親善囲碁交流戦には参ります、と返事が来た。嬉しくなり直ちに「我々がこれまで囲碁で培った友情は何物も揺るがすことはできない、と返信した。打てば響く様なやり取りができるのは友情が深まった証と思う。ちなみにこの金さんとは昨年訪韓した折の酒席でのことだが、父親になってくれと懇請され親子の契りを結んだ。来年3月、親子の再会が楽しみである。

IMG_6626_20191010212056c9e.jpg

新名人

2019年10月10日 21:14

昨夜NHK7時のニュースで芝野虎丸さんの名人取得のテロップが流れた。また報道センターでも取り上げられた。こんなことは之まで囲碁の世界ではなかったことである。中邑菫さん、上野愛咲美さん、と囲碁界の若い人の活躍が紹介されるのは囲碁の認識が明るくなり嬉しいことである。勢いから言って第5局で決まると思っていたので、2日間YOUTUBEをつけておいた。張さんが18ー十一にツイだ時に、名人は優勢と観ているかと感じた。この辺の局面で石田芳夫さんが「これから1目損をしたほうが負けます」と解説していた。芝野さんのこの手〇にはびっくり!これが成立するなら白が勝つなと思った。どの時代にも12、3歳でプロになり十代後半で時の一流棋士に勝てるようでなければトッププロにはなれないと思っている。それにしても十代で三大タイトルを取るのはスゴイ。中韓でも十代でトッププロになっている。虎丸さんはこれから日本第ニの棋士として世界戦が増えるであろう。世界一になる棋士誕生の予感がする。
第1局

新碁石

2019年10月07日 18:05

囲碁大会のあと、仲間と居酒屋に行って碁盤と碁石があると楽しい。その日に打った碁を並べながら飲む酒と囲碁談義ほど楽しいことはない。ただ碁盤石は持ち歩きにくい。碁盤と碁石を持って歩ければと思い、皮革を買ってきて皮碁盤を作ってみた。碁石はそうはいかないのでプラスチック碁石を持ち歩くがそれでも重い。一昨日山下塾を見学に訪ねてきた八千代市の浅野哲也さんが試作したアイデア碁石を見せてくれた。ダイソーで売っている白と黒の軽量カラーボードを皮ポンチなる器具で2.2センチの碁石大に打ち抜く。当然着打感はないが見た目は碁石である。これなら軽く持ち運びに便利だ。面白い新碁石の誕生である。

DSC_0789_2.jpg


囲碁の縁

2019年10月01日 22:25

八千代市に住むAさんから初めてのメールが届いた。近くの小学校から囲碁指導についての問い合わせを受け、小学生にどうやって囲碁を教えのるかを知りたいと言う。八千代市の教育委員会には「NPO法人囲碁文化継承の会」が登録されているので、依頼を受けて小学校、中学校、公民館等に自分を含めて当会会員が囲碁指導に行っている。八千代市で中心になって活動しているKさんがこのところ体調を崩して休んでいるため、囲碁指導の依頼に添えないことが多々ある。Aさんとメールのやり取りをしているなかで、かれこれ15年前八千代幼稚園に指導に行っていた時に息子さんが園児だったという縁でつながっていたことがわかり、囲碁指導について一度会いましょうということになった。Aさんは指導を頼まれるくらいだから、かなりの棋力と思われる。Aさんを通した囲碁の縁の広がりが楽しみである。

IMG_20150120_152657_20191007070246d35.jpg

局面に目を

2019年09月28日 23:07

山下塾では毎週棋譜並べの宿題を出していて、金曜日までに自分の好きな手と勝着を塾長に報告させる。棋譜並べは10級以下の塾生も可能な範囲で並べさせる。つい先ごろから棋譜並べで、もう一味勉強になることを取り入れ始めた。宿題の棋譜で手の広い局面、一人一人の感想が別れるであろう局面で、塾生に「君なら何処に打ちたい?」と聞くのである。高段者になれば一段落したら碁盤を一通り見るが、弱いうちは手の赴くままズラズラと打ち続けることが多いので、手を止めて局面を見る癖をつけてもらいたいからである。付き添ってきている保護者にも自分の感想を言ってもらうことにしている。個性的と感じた着手が出ると嬉しくなる。上達に効果が出るような気がしている。

DSC_0776.jpg

女流棋士

2019年09月26日 22:35

女流棋士ではこのところ仲邑菫さんのことが度々ニュースで取り上げられているが、もう一人上野愛咲美さんの竜星戦での活躍が見事である。早碁とはいえ全棋士参加の竜星戦で決勝まで行ったのには驚いた。昨日会った大竹英雄名誉碁聖が、「碁盤を広く使っている」、と上野さんを激賞している。碁盤を広く、とは大竹さん一流の表現だが、力が強いのは吃驚する。この棋戦で元名人、タイトルホルダー二人を負かして決勝に上っている。十段戦予選では某九段を122手で潰している。決勝の碁でも相手の石を取りに行ってからの迫力は満点である。188で15の十四に打っていたら一力さんの大石を殺しているようだ。中村菫さんに期待するところは大きいが、実績を上げる上野さんの活躍で囲碁の人気を盛り上げてくれると、こちらの期待も大きい。

第1局


最新記事