FC2ブログ

対局環境

2020年05月24日 23:14

中央公民館の囲碁サークル「碁楽教室」から6月も休会と連絡がきた。船橋市内の囲碁サークルの大半も同様に6月も休会となるであろう。そもそも囲碁を打つ環境は三密の典型で、よく耳にするソーシャルディスタンスを2Mもとった対局は考えられない。日本棋院では6月にオープンする時にはマスク着用、体温、対局前後のアルコール消毒、対局者間にパーテーション設置などを考えているようである。公民館の囲碁サークルではこれだけきちんとした対応は難しい。昨日届いたフェイスシールドをつけて対局するというのは考えられるが、相手が代るたびに盤石を消毒するのはどうするか?。海外のプロ棋士の対局では同じ部屋に来て碁盤でなくパソコンで対局している風景がある。ネット対局に対して碁盤を挟んだ対局を生碁といっていたが同じ部屋でパソコンでの対局は何と名付けたら良いのだろうか

九

フェイスシールド

2020年05月23日 22:42

娘からフェイスシールドが届いた。山下塾、幼稚園、小学校の囲碁指導の時に使えと言うことのようだ。クリアフィルでの作り方はいくつもネットに紹介されている。商品として出ているのは数百円から1万円近くするものもある。接客業ではつけている人も見かけるので違和感はないが、さて自分が付けるとなると気恥ずかしい。しかし今や教える側の必需品で安心感を与えるのは間違いない。さて幼稚園児はどんな反応を示すか、面白がってくれればしめたものである。

フェイスシールド

感動

2020年05月22日 23:05

週刊碁の記事によると碁会所、囲碁サロンで開催している教室やレッスンが休業しているので、オンラインレッスンがある、と四つ紹介している。そのうち三つがZOOM、SKYPEを使い,残り一つが「ネット囲碁学園」を利用している。有料で最高額は」プロ棋士レッスン11000円/120分である。山下塾では2月末に学校が休校になってから月~土の午前中「ネット囲碁学園」サイトを使い「ネット山下塾」を開いている。塾生が休校の間少しでも有意義な時間を持てればいい、もっと言うと、学校で勉強できない期間、頭から汗がふき出るくらい囲碁に取り組んで脳を錆びさせないようにしてほしいとの思いもある。とはいえ、家庭の事情で午前は無理だったり、パソコンが無かったり、あっても機種によって入れなかったりで全員が参加できるわけではない。参加できる子でも週に一回、三回、毎回とそれぞれ事情が異なるので前日に参加希望をとる。棋力向上には真剣な対局が一番と思っているので局後検討より対局数を多くと思っている。毎回参加するのは3名である。たかが3カ月弱だが、されど毎日3時間の3カ月である。1月に入塾したユラは皆に追いつくのに日にちが掛かると思っていたが、一番下の子に5子で勝てるようになり、S学院のヨシトは学院の囲碁クラブで最強になった。幼稚園年長の昨秋九路盤で4回囲碁指導した直後に入塾したリクトは自分の打ちたい手を打ち囲碁を楽しんでいる。地をとるのが好きだが厚みの価値を教える時期に来たと思い、厚みは価値があると言ったら2日後には下図のように星に高くかかり一間飛んだ。勝ち負けより好きなように打っている姿を見て塾長は日々感動している。

山下塾十傑戦


WEB会議

2020年05月16日 21:58


NPO法人囲碁文化継承の会の理事会・総会は今日正午に開催された。昨今の状況から三密は避けるべきと「Zoomを使ったWEB会議」に変更していた。新型コロナウイルスにより幼稚園、小学校、公共施設での囲碁指導は5月いっぱい全てキャンセルとなっている状況から年会費を半額とし、またオンラインでの会議が正式に認められるよう定款を変更し、役員の変更手続きもして、WEBでの話し合いを中心に進めてきたのでスムーズに開催することができた。WEB会議は遊びも含め幾つか経験してきたので、話の進め方、纏め方、間の取り方も大分慣れてきて実際の会議に遜色ない感触を得ていた。メールのやり取りだけでは、ややもすると誤解が生じることがあるが、画面に顔が映るWEB会議に慣れればこれも悪くないとあらためて実感している。

八

オンライン交流

2020年05月13日 23:13

思いがけず大学同窓の友人から電話をもらい、互いに元気な声で良かったと言い合った。彼は代々続いた商売を父親の急逝で大学生で社長になった。在学中は付き合いがなかったが、彼が数年前から年二回のクラス会に参加するようになって何となく馬が合い付き合いが始まった。息子さんたちは地元の政財界で活躍しており、社業はオリンピックに出場するアスリートを輩出するほど盛況である。昨年彼のお孫さんが小学生囲碁全国大会に出場していたことを知り、そちらに行ったとき指導すると約束していたことを思い出した。電話を切ったあと「ネット山下塾」に」お孫さんを招待すればオンラインで塾生と交流できると気が付いた。早速彼に提案することにした。

十

子供囲碁大会中止

2020年05月10日 22:56

4月の初旬に日本棋院からアマ・本因坊戦の中止とともに小中学校囲碁団体戦の中止の知らせが入った。その時点では個人戦の少年少女囲碁大会は開催の方向で検討中とあったが、これも中止に決まったと知らせてきた。これで今年は団体戦、個人戦ともに無くなったことになる。今年は山下塾生で柏第4中学校に在籍する塾生が3人になるので、今年も千葉県代表校に選ばれるのは確実と思っていたが誠に残念である。個人戦でも優勝圏内が数人いるのでこちらも残念である。全国大会が中止となったので県大会も中止である。もう一つ千葉県が先導してきた首都圏カップ(東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨、千葉の小中学生代表9名による団体戦)も今年10回の節目を迎えるのだが、全国大会が中止では各県とも首都圏カップ選手選考も難しい。記念すべき10回大会であるが、これまで主導してきた千葉県から中止を8都県の世話役に発信することとなった。大会開催に限らないが、今までずっと当たり前と思っていたことが実は当たり前ではないという貴重な経験を沢山させてもらっている。

六

連語

2020年05月09日 23:07

連碁は一つの碁盤で何人かが二組に分かれて一局打つという遊びの対局で、正月の碁会でよくやる。自分は棋友が亡くなった折の通夜で囲碁仲間に呼びかけ連碁を打って追悼することはよくある。ところでINGO(ingo-web)で連碁を打ったら面白いと発想した仲間がいる。INGOは郵便碁のネット版で1対1が基本である。連碁は何人かが二組になって打つので難しいと思っていたら1NGOの管理者の馬渕さんが一人のIDを何人かが共有すれば打てる、と教えてくれた。INGOは自分の好きな時にネットにつないでいって打つ仕組みであるから一局打ち終わるのに何日もかかる。今自宅で過ごす人が多いので碁盤にアクセスすることは多くなり一局が早く済むと予測できる。INGOでの連碁ルールを新しく考えることで面白い囲碁の楽しみ方が見つかるかもしれない。

二

碁盤

2020年05月08日 22:24

女流棋士万波志穂さんのツイートで「どこの家にも必ずある碁石と碁盤を用意する」、になんと💛は7万とある。発信者が良かったのか、どの家にもある碁石と碁盤の表現がヒットしたのかはわからないが、囲碁のツイートで7万とは恐れ入った。日本の囲碁人口が200万人を切ったと言われるが存外底堅いファンが多いのかもしれない。これまで碁盤といえば、囲碁が趣味のご主人が無くなられて碁石と碁盤の嫁入り先を探してほしい、ということはよく耳に入ってきた。そんな時には足つき碁盤は今使わないから売れないし、もらってくれる人は見つからないと断るようにしている。ところが久々そんな話が舞い込んできた。正規の碁盤は縦1尺5寸(45.5cm)だが、縦44cmの碁盤でちょっと寸づまりの碁盤をもらってほしいと頼まれた。今、家のクローゼットは紙碁盤500枚余、板碁盤20数面、足つき榧碁盤五面に占拠されているが、たっての願いで引き受けることとなった。新型コロナが落ち着いたら届くらしい。日身さんに叱られる。

一

ネット山下塾ネットOB会

2020年05月07日 22:18

いつものGWなら家族旅行で家には居ないだろうが、今年は移動の自粛でそれもできない。ネット山下塾で塾生OBが集えるのではないか、とふと頭に浮んだ。2年ほど前に作った山下塾OBグループにオンラインで集おうと呼びかけてみた、すぐにユタカ君、ミチ君が面白いと乗ってくれ幹事を引き受けてくれた。現役塾代表高校生レン君、専門学校生カイ君、大学生ユウタロウ君、社会人2年目ミツヒロ君、社会人数年のミチ君、マサシ君、ツヨシ君、2か月余テレワークしている二児のパパシュンスケ君、同じく二児のパパでコロナ倒産案件急増中の弁護士ヨウスケ君、コロナ最前線医師のユタカ君の10名が集まった。持ち時間15分、秒読み30秒3回のルールである。殆んど子供のころ千葉県代表でそれなりの棋力である。対局を観ているとレベルが高い。昔取った杵柄はまだ十分使える。決勝の碁は見入ってしまった。オンラインとはいえ新型コロナウイルス騒動がなければ、この季節にこんなメンバーが集まれなかっただろう。年代を越えてオンラインで繋がった仲間との4時間は楽しいひとときであった。みんなに心からありがとう、と言いたい。

ミチ、ヨースケの決勝戦
山下塾十傑戦

門前の母親

2020年05月06日 22:21

ネット山下塾で子供たちがオンラインで2、3時間囲碁を打っているのはどんなことか、保護者にも知ってほしいと思い、打ってみませんか、と勧めてみた。夜8時から一家団欒の時間に3人の保護者がネット山下塾に集まったので塾生一人に参加してもらい二組で打ち出した。4児の母親のKさんは上の3人が山下塾生である。ルールくらい知っているだろうと塾生と9子で打たせてみた。大勝である。5子に変えても大勝でほぼ塾生と変わらぬ腕前である。囲碁は15級くらいまでになるのが存外難しい。そこを超える前にやめてしまう人が多い。その壁を超えると初段が見えてくる。初段の壁を超すと一生の趣味となる。Kさんにこれくらい打てるなら一生の趣味になるからぜひ続けてくださいと伝えた。門前の小僧ならぬ門前の母親の誕生である。

ランチ

Zoom+INGO

2020年05月04日 22:34

INGO(ingo-web)は毎日新しいメンバーが増えている。3年前にNHKの囲碁ファーカスでちょっと取り上げられた時に数百人増えて以来の現象である。やはり自粛ムードから自宅でオンラインで楽しめるものの一つに入ったのであろう。自分でも年に1回か2回顔を出す囲碁の会と入門講座をした社会人の囲碁の会にINGOで打ちましょうと誘ったら、この時期に最適と賛同され現在対局している人は50人ほどになった。永らく初級囲碁講座を指導している娘の友人も最近会員になった。各所の碁会所が休んでいるので指導する場にということである。ぜひ初級者の指導に大いに利用して、と薦めている。Zoomに張り付けてリアルタイムで対局する方法も教えた。ネット対局のサイトはいくつかあるがZoom+INGOでの囲碁対局も広がりを見せるかもしれない。

P5220182.jpg

電磁的記録

2020年05月02日 22:46


電磁的記録という言葉を初めて知った。電磁的記録とは電子・磁気など、人の知覚では認識できない方式でつくられた記録。つまりデータのことを示すサイバー法用語である。古の法学部出身者には初めての言葉である。NPO法人囲碁文化継承の会の総会をWEB会議にするつもりでである。念のために千葉県生活部のNPO法人班にどんな要件を抑えなければいけないかと問い合わせた。その時のやり取りで時節柄簡単に認められるだろうと思ったら簡単ことではない。事務局長に定款変更について県庁とのすり合わせを頼んだ。定款に電磁的記録、電磁的な方法、WEB会議ツールを使ったオンラインにて開催という文言を新に記載することになった。カタカナ日本語だけでなく漢字日本語にも新語が生まれているとで感心した。

昼間の月
昼間の月



オンラインでの繋がり

2020年05月01日 23:32

ネット山下塾を毎日開いて一番感じることは熱心に参加している塾生同士のつながりである。オンラインとはいえ囲碁で生涯のライバルになると感じる塾生たちがいる。ふと思いついたのは、新型コロナウイルス感染防止のテレワークで仕事をしている塾生OBはこの連休中外出自粛で自宅で家庭サービスをしているだろう。それなら連休中の3時間程度のオンライン囲碁大会を呼びかけてみようと言うことである。思い立ったが吉日、OB全員ではないが2年前に思いついただけのOBで作ったLINEの山下塾グループに早速その考えを流してみた。こんな時期に面白い企画に飛びついたOBが何人かいた。2年前のLINEグループをどれくらい使っているか心細かったが9人が集まった。5日か6日にやりましょうと幹事を買って出てくれたユタカ、ミチ両君にあとは委ねた。新型コロナウイルスで新しいオンラインの繋がりが出来た。

5_20200503142546c90.jpg

5月中休校

2020年04月30日 22:33

千葉県の公立小中学校は5月いっぱい休校の方向のようである。指導に行っている幼稚園の一つから5月中の保育は休むので囲碁の指導も休みの連絡があった。また私立小学校からも5月休校の連絡が入った。幼稚園により異なるが年間6回から10回、小学校囲碁部では年間6回のところと毎週のところがあるが、短くなった分を組み替えなければならない。そんな作業はしれているが、ことこれが1年間の教科一つを組み直すのは相当工夫が要るであろう。それが全教科となるわけだから大変だ。学校は恐らく4月の分を5月からには組み替えていただろうが更に6月からに組み直さなければならなくなった。2か月間家で教科書を観ていた子と全く見ていなかった子の差は大きい。9月入学説が取りざたされているが、家庭によって、子供によっての格差はもっと大きくなる。身近な例では、指導に行っている同じ小学校囲碁部の子でネット山下塾で週に何回か打っている子と入ってこられなかった子の棋力の差がどれくらいついたか興味はある。

谷津干潟
谷津干潟

期待大

2020年04月29日 22:47

新型コロナウイルスによりあらゆる世界で変化が起きている。日本のプロ棋士の新しい動きは棋士からの発信が増えたことである。4月に入り三棋士の発信が目に付く。これまでも三村智保九段のものはよく見ていたが、ここまで思い切った発信をするのかと感心することがある。蘇陽国九段は初心者向けと反省会と称した自薦解説がある。反省会と題しながら最新のAI定石を解説してくれる。柳時薫九段の自戦解説は深い。自分の読みを克明に表現する。昔梶武雄九段に二子の指導碁を何局も受けた。その都度九段はアマ相手といえども最善手を求め深く深く読んでいて、局後の解説でご自身の読みを披露してくれる、プロはそこまで深く読むのかと勉強させてもらった。柳九段は相手の最善手と思われる手に対する自分の読みを克明に示してくれる。これらは実戦には出てこない。棋譜解説でもこれほどの読みの深さは表現されない。マイケルレドモンド九段は中級者向けだろうか、英語のバージョンがある。若い囲碁愛好家の英語の聴き取り勉強には最適である。一講座を何回も見ると英語表現が身につく。一年間続ければ日常会話に不自由しなくなるだろう。プロ棋士が世間に発信することが一つの流れになるかもしれない。期待大!

今日の昼食はとろろ蕎麦
ランチ

AI評価

2020年04月27日 22:19

山下塾生に毎週宿題を出している。囲碁は知的格闘技と認識しているので世界のトップ棋士の対局から戦いの棋譜をいくつかのサイト巡りをして選んでいる。絵画模写、文学の文体模写と同様に棋譜並べが棋力向上に資すると思っている。毎週金曜日に宿題の棋譜から一番好きな手をメールで送らせ翌日の山下塾でなぜその手を選んだか皆の前で発表させる。これは人前で自分の意見を言う練習になると思っている。今週は棋譜を選ぶのに苦心した。あまり大きな大会がないので世界のトップ棋士の棋譜が少ない。野狐囲碁のライブ中継を見たら一力さんの対局があった。途中から見たのだが戦いの連続で目が離せなくなった。画面にあるAI 評価で一力さんが勝率10%と落ちてくる、しかし勝負勝負と打っているのでもしや、の気持ちで見ている。素人目にはどちらが捻じり合いを制するかハラハラだがAI 評価は依然10%である。AI 評価が80%になると逆転は難しいとされているので一力さんの逆転は無いのかと思うと興味は半減する。今は解説会でもAI 評価を取り入れられているが、AI評価がない方が素人には楽しめるのだが。

PA050033_202005012131325e2.jpg

ネット山下塾トーナメント

2020年04月25日 22:36

休校以来毎日午前中ネット山下塾を開き塾生の指導をしているが土曜日は参加塾生が多い。前日の夜10時までに参加するか連絡をもらうことになっている。昨夜見てみると丁度16人である。いつもは参加している塾生と適当に対局させ、手空きになった塾生には指導碁としている。16名だと8人づつを二クラスに分け、3時間で3局のトーナメント戦が出来る。それにうまい具合に有段者、級位者半々である。毎日対局を観ていて棋力が2月からどれくらい上がっているかほぼつかめているので新点数を決めて山下塾ハンデで有段者組持ち時間15分秒読み30秒3回、級位者組は持ち時間20分として丁度3時間で全局打ち終えた。一昨年取材を受けたNHKの下請けスタッフにネットで見てほしいとメールしたところ、昨年で退職したという。有償のところを除いて、この時期子供囲碁教室をオンラインで毎日開いているのは珍しいから観てもらおうと思ったのだが、残念である。

天沼2

茶華道センター囲碁入門講座

2020年04月23日 22:39

毎年5月から始まる薬円台小囲碁部の指導を9月からにすると担当の先生から連絡があった。船橋市の公共施設の使用が5月いっぱい使用禁止になったので、さもありなんと思っていた。続いて茶華道センターの8月の3日間の囲碁入門講座も中止となった。施設の使用禁止だけでなく8月までのイベントも中止となったとのことである。9月新学期というのも現実になるかもしれない。茶華道センターの囲碁講座は毎年20名の定員で募集をしている。講座修了者の受け皿に「スクエア囲碁の会」があって、囲碁講座修了者が毎年数人入会するのでこの会は常に一定の会員を保っている。囲碁サークルはいずこも3月から例会が中止になっている。世の中では新型コロナウイルス騒ぎは夏を超すとみているようで、仲間と顔を合わせて囲碁を打たない期間が長く続いた後、再開した時にどれくらいの割合で戻ってくるか予測がつかない。いささか心配なことである。

DSC_0022_202004282231553b9.jpg

INGO(ingo-web)利用

2020年04月22日 22:35

大人向けの囲碁指導で最も気を遣うのはアイウイル経営者養成研修のなかででやる囲碁講座である。受講生は全国から集まる企業の後継者、経営幹部、または候補の人たちである。経営は人間力で決まり「運をつかむ力」が必要、と経営者能力を伸ばすいろいろな課題をこなさなければいけない研修である。その中の一つに囲碁がある。囲碁講座を引き受けて10年を超す。年に2回、一泊での指導である。入門講座をしてから一桁級になるまでの教材を提供しINGO(ingo-web)での指導を併用している。3月に新しく始まる講座と9月の講座が新型コロナにより5月に延期となったが、更に伸びることになり来年の3月に変更となった。INGOは2月から入会者が増え日によっては5人も入ってきている。この講座受講者にもINGO利用を強く勧めている。

天沼3

手応え

2020年04月18日 22:55

ネット山下塾は学校が休校の間毎日午前中開いている。いちばん生徒が集まるのは土曜日である。システム上一つの教室の定員は10名なのだが主宰者に頼み30名まで認めてもらっている。ただし一クラスは10名なので10名を超えるとAクラス・Bクラスと画面を切り替えなければいけない。二クラスになると指導碁は打てなくなる。その分塾生同士の碁のチェックはできる。部分だけでなく大局的に碁盤を見る、または石の競り合った時にじっくり読みを入れる等々塾生によって伝えたいことが異なる。対局中または終局後にコメントを入れるのだが、時にはラインの電話で塾生を呼び出し話すこともある。週に一回のリアル山下塾より回数の多いネット山下塾の方が手応えを感じている。

散歩道


最新記事