FC2ブログ

親孝行

2016年10月13日 23:55

S学院小学校の囲碁クラブの担任の先生が交代した。前任の先生は2年前に生徒と同時に囲碁を始めたので手の空いた生徒の相手をしてくれる腕前になっている。新任の先生は全く囲碁を打ったことはないという。囲碁クラブの時間にただ見ているだけでは勿体ないと思っていつも入門に使う「だれでも簡単、囲碁入門」のパンフを渡したら父親が囲碁好きだったのでこれくらいは知っていると話された。それなら今日から囲碁を始めましょう、これから学校に来た時にお相手をします、半年でお父さんがびっくりするくらい強くなります、お父さんは息子と囲碁が打てるのは何よりの喜びです。半年後にお父さんを喜ばせてあげて下さい、と勧めた。この学校のアフタースクールの世話をしてくれる女性の先生は一度も囲碁指導をしたことはないが自分で勉強して囲碁クエストの7級になっている。先生方に囲碁仲間が増えてきたら生徒にも良い影響が出てくるのは必然である。
IMG_7899_20161014152504115.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事