FC2ブログ

山下塾

2016年10月01日 22:22

囲碁は15級くらいまでなるのが存外難しい。この壁を越させることが大切である。この壁を超えると初段が目標になる。初段まで行ければ一生の趣味となる。今年になってから山下塾に入った塾生はどうか、と打ってみた。心配していた塾生も思いのほか進歩している。勝った喜び、負けた悔しさは子供によって表し方が違う。対局後の気持ちも違う。ただ次も打ちたい、とにつながるような終わらし方をする子は続けられる。そんな感じがない子には対応が必要である。どんな言葉をかけるかは子供によって違う。山下塾のバッチを渡したからには囲碁を続けさせる塾長でなければならない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事