FC2ブログ

昭和学院

2016年03月11日 22:22

昭和学院小学校の囲碁クラブと囲碁アフタースクールの最終日である。クラブの方は個人戦トーナメント、団体戦リーグ戦を体験してもらったので、今日は二組に分かれて対局する紅白戦をやった。一人2手打っての紅白戦の面白さは、打ち手が変わるごとに狙いも変わり、盤面で打ちたいところがいろいろ出てくるところだ。指導する立場では、いい手を打った時局面を止めていい手の意味を教えられる。棋力の幅が広いので部分的なことではなく盤面全体をとらえた考え方を教えることができる。紅白両方で「いい手賞」にあがったのは意外にも棋力の弱い生徒であった。アフタースクールでは6面打ちを何回もしたので多くの生徒と打つことができた。保護者が二人見学していたのでスクールの様子がわかったと思う。クラブ、スクールともに生徒全員が感想を書いてくれた。新学期もあるようなので参考になる。校長先生から昨年夏休みの囲碁講座を受けた1年生から希望があるので人数が増えると聞いた。一人でできるか、サポート役が必要か考えている。
昭和


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事