FC2ブログ

若松幼稚園

2016年02月26日 22:07

若松幼稚園の囲碁講座は2月から年中組が始まる。園の方針で保護者参観日を囲碁の初日に充ててくれた。マナーから始まりルールを教え、ゲームを始めるまで保護者に観てもらった。いつものようにマナーの中で「勝ってもガッツポーズをしない、何故だと思う?」という問いかけに、3クラスから「相手の子に悪いから」と正解が出た。「大人は答えられないけど君はすごいね」と褒めた。保護者はどんなふうに受け止めたのか興味がある。参観が終わって次にホールで保護者の希望者に入門講座を行った。大人向けに本式の囲碁ルールで9路盤で対局してもらった。終りに、囲碁は1.上品である 2.お金がかからない 3.家庭に会話が増える、これが「家庭に囲碁を」を提唱する所以で、是非家庭で子どもに囲碁の相手をしてやってほしい、と締めた。
若松


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事