FC2ブログ

船橋

2016年02月18日 16:48

船橋幼稚園の園児囲碁指導と母親囲碁の会の指導が続いてあった。園児との指導では一つの盤面で白がアタリ5カ所と黒がアタリ5カ所の局面を作り、黒から取る手を言ってもらうのに、自信がなさそうな子を指名し、白から取る手は自信がありそうな子を指名した。手を挙げている子と挙げない子の両方とも前に出てきてもらいたいからである。皆の前で私と模範試合をやるのは、これまで観たところ打てそうな子を指名した。一方母親の会は38名が続いてきたので13路盤で打てるようになり、その内の6~7名は19路盤で打てるようになっている。今回初めて多面打ちをして直接の指導とした。13路盤12面打ちである。このうち4名は終局まで打てた。母親、園児の何組かがINGO(ingo-web)で打ち出している。園児、母親ともに何人かは囲碁を生涯の友にしてくれるであろう。
先生も真剣勝負
船橋幼稚園



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事