FC2ブログ

学童保育

2015年08月07日 22:59

今までに公立小学校の学童保育の場での囲碁指導はいくつも体験してきた。今年初めて私学の学童保育で囲碁指導をした。二クラス各1時間の指導を合計2回行う。公立小学校の場合、指導の先生が複数いるので騒いでいる学童はその都度注意され、囲碁指導に専念できる。この私学では学童保育は初めてゆえ体制が定まっていないから、一人でクラス運営をすることが多かった。1年生をこちらに向けるのに、つい大きな声を出したくなる。囲碁は面白そうだ、やさしそうだと思ってもらうには2回分のカリキュラムをしっかり立てて臨む。プリントも用意するが一番受けるのは「シチョウ」の解説である。アタリを「とっちゃうぞ」「いやです」と言いながらシチョウの形を続けていくと教室がどっと沸く。早い子は9路盤で何局か打ち終えた。「囲碁を知っている」、と言っていいよ、と言えるまでになったかどうか。
学童


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事