FC2ブログ

視覚障害者囲碁

2015年07月19日 23:14

モンゴル・日本親善囲碁団の小中さんから日本視覚障害囲碁普及会の存在を聞いた。前に視覚障害者囲碁大会のことを聞いていて、視覚障害者の方に囲碁指導ができないか、と思っていた。昨日、小中さんから視覚障害者用の9路の盤石をいただいた。碁盤は碁石を埋め込むようになっており、白石は平らで黒石は真ん中に穴が開いている。実際に打つときは手助けする人が座標塾A-7、というように言ってもらい、打ち進める。試しに自分で9路盤を手で触りながら打ってみると正確な場所に打つのが難しい。手助けする人に碁石を置いてそれを手で触りながら局面を認識するのが打ちやすいと分かった。山下塾生と目隠しをして打ってみて終局まで間違いなく打てるかためしてみよう。9路盤なら終局まで打てる気がするが19路となると打てるか自信はない。囲碁指導できるかは目隠し碁に慣れてからの話である。視覚障害者碁盤


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事