FC2ブログ

声かけ

2015年07月06日 23:59

妙な事件が多いので、小さい子供に声を掛けるのは憚れる。それでも生来の子供好きから思わず声を掛けてしまうことがある。コナミスポーツの階段で、歩き始めてすぐらしい子が掴まりながら下りてくるのを見かけ、すごいね!、と声を掛けたら、母親が「囲碁の先生ですね」、と話しかけてきた。囲碁を教えている幼稚園にその児のお兄ちゃんが通っているとのこと。近くのショッピングモールの入り口で女の子と目をあわせた。「アレッ」と言う表情をしたので、「やあ」と声を掛けた。この子とは何処で会っているのだろう?。コナミスポーツで靴を脱ごうとしたら、「アッ囲碁の先生」、と男の子から声を掛けられた。一緒にいたその子のおじいさんが囲碁の先生ですね、と話しかけてきた。豆腐屋のOさんから聞いてしっている、という。眼が合ったとき、オヤッと見つめてくる子には「何組?」と聞く。返ってくる答えでどの幼稚園か、分かる。何て名前?と聞いて、今度幼稚園で問題を出してら当てるから、みんなの前で答えてね、と約束する。幼稚園と名前は家に帰ってからすぐにメモをする。子どもとの約束は、しっかり守ることにしている。
youtienn.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事