FC2ブログ

「夢タイム」外部講師授業

2015年05月22日 22:06

八千代台西中学校の「夢タイム囲碁授業」は今年で5年目になる。今年3年生は120名で、囲碁、茶道、能楽、絵手紙、書道、裂き織りのなかから受講したい科目を選択させたら、36名が囲碁講座を希望した。これまでで一番多い生徒数である。過去4年間で囲碁授業がやり易い年とやりにくい年とが入り混じっている。今年はどんな生徒が囲碁に集まっているか、最初の時間でわかった。教室に向かう廊下で擦れ違う生徒たちの「こんにちは」の声がいつもより声が大きい。班長の講師紹介の間に私語がない。加納講師と打合せて、今年は①交互に交点に打つ、②囲めばとれる、③地の多いほうが勝ち、のルールだけを教えてすぐに対局させることにした。36人全員が真剣に打ち出した。何局かで劫が起きている。そこで劫のルールを全員に教えた。10局くらい終局まで打てた。班長からこれからの授業のために感想を問われた。「皆が真面目に対局している姿に感動した、36名全員が囲碁を生涯の趣味にしてくれると思う」、と答えた。M君が囲碁をアプリで研究して先生を負かしてみせる、と宣言してくれた。今回は囲碁は楽しいだけではなく、強くしたい、と思い始めた。IMG_6615.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事