FC2ブログ

指導用碁盤・石

2015年04月19日 22:10

新学期になり幼稚園・小中学校の囲碁指導の予定が揃いだした。さて指導先に持参する大盤解説用マグネット碁盤石のことだが、これまで使用していた日本棋院製のものは車なら造作はないが、徒歩と電車で持っていくにはかなりしんどかった。それが最近販売中止になった。何度も書いているが、数年前に千葉県少年少女囲碁連盟の土屋さんが大会用の13路・19路紙碁盤を開発した。以来大会ごとに碁盤の搬出入の苦労から解放された。さらに昨年は入門用の6路盤・8路盤をユポ紙で作ってもらった。これまで使用していた磁石碁石は34ミリである。これに代わる30ミリのマグネット碁石をネットで探したら見つかった。昨年末からデーターを持って行って90センチが印刷できるプリンターを借りたり、コンビニでA3に印刷して両面テープで貼りあわせたり、と試行錯誤を繰り返してきたが、ついに決定版が出来あがった。土屋さんによる30ミリのマグネット碁石に合わせた碁盤が完成したのである。特殊紙ではあるが木の木目が付いた碁盤である。1枚1000円ほどの紙碁盤は折りたためるのでかさばらない。指導先の学校にも置いてもらえる。土屋さんに特許を取って全国販売したら、とけしかけているが、日本では需要が見込めないので商売にはならない、と笑い話に終わった。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事