FC2ブログ

棋聖位就位式

2015年04月17日 22:59

井山裕太さんの第39期棋聖戦就位式に出席した。同年輩の若い人が主賓の挨拶をするのは珍しい。将棋の糸谷哲郎さんである。以前松本さんの新人王戦に主賓として祝辞を述べさせてもらってから、毎年新人王授賞式には出ているが、今までで一番印象に残っている謝辞は糸谷さんで、「いまの将棋界は斜陽産業。僕たちの世代で立て直さなければ」というものであった。今夜はどんな祝辞を述べるか、と期待した。「井山さんは暖かい雰囲気と勝負強さを兼ね備えていて、その佇まいを勉強させていただきたい」と述べた。場に合った的確な祝辞と感じたので、糸谷さんに名刺交換して良い祝辞でした、と伝えた。井山さんの謝辞は今期の第7局はこれまでにない重要な一戦で、ここで踏ん張れたのは大きな経験となった、と語った。勝負師として一段上に登れた自信をもったのであろうと感じた。会場で千葉県大会で山下賞を頂きましたと小さな子供連れの母親に話しかけられた。その子に、囲碁は空気伝染するから井山棋聖と一緒に写真を撮ろうと話した。子どもと一緒に写真を、とお願いし易いのは、井山さんの温かい雰囲気からである。
IMG_6531.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事