FC2ブログ

結婚式

2015年03月07日 22:50

家人とH君の結婚式、披露宴に出席した。新郎のH君は小学校1年生から6年生まで山下塾に通っていた。中学、高校は野球部で活躍し、山下塾からは遠ざかっていたが、大学で囲碁が正規授業に採り入れられてからは講師の吉原由香里さんの助手をつとめたりしていたから、囲碁から離れていたわけではない。社会人になりシステム開発の仕事をしている。1年に1回程度催す山下塾OB・OGの集まりには時々顔を出してくれてはいたが、よく2人揃って招待してくれたな、と正直驚いた。新郎プロフィール紹介欄の将来の夢の項目に「囲碁の先生」と書いてあり、世界一面白いゲーム「囲碁」を先生のように子ども達に伝えていきたい、と私にとってこの上ないコメントが添えられてあった。又家人には、美味しいご飯を作っていただき囲碁仲間と一緒に食卓を囲んだこと、大好きだった柴犬の暢(ノン)とともに鮮明に覚えています、と書かれてあった。そんなことがあったか二人ともとっくに忘れているのに、小学生の短い期間ながら山下塾での思いが焼付いていたのであろうか。すっかり嬉しくなりよほど飛び入り祝辞を、と思ったが差し控えた。親や親戚の肩書等一切出さず、若い二人が何カ月もかけて企画したさわやかなH君らしい結婚披露宴であった。
寛


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事