FC2ブログ

昭和学院小

2015年03月05日 22:30

午後、囲碁のアフタースクールの教室に入ると、生徒たちから何やらワクワクしている雰囲気が伝わってきた。担任のN先生の話では、学校の予算がついて少し足りなかった碁盤、碁石を揃えられたとのこと。畳と何とやらは新しいほうが良い、と言うが、どうやら碁盤石も新しいほうが嬉しいらしい。学校が新しく用具を揃えてくれたのは、囲碁に対する理解が進んだからだ、と受け止めたようである。次回が今学年の最後であるが、新学期からどうするのかきいたところ、6年生を除き、続けるようだ。27年度の4月がらは低学年生も参加出来るようになるが、同じ時間内に入門と初・中級講座をどう展開するか、工夫が必要だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事