FC2ブログ

若松幼稚園

2015年02月16日 22:34

若松幼稚園では年中組の2月から保育時間に囲碁を始める。今日がその初めての囲碁の時間である。最初にお願いします、ありがとうございました、と対局の初めと終わりには必ず挨拶をしようと教える。次いで勝ってもガッツポーズをしません、勝てば嬉しいのになぜでしょう、と質問する。4クラスとも「相手に悪いから」と答えが出た。大人に同じ質問をしても「相手に悪いから」の発想はなかなか出ない。囲碁を覚えると同時に挨拶することと人の気持ちを思うことを一緒に身につけよう、と話す。6路オセロジュン碁で園児に打たせると1割くらいの子が終局まで打てている。母親囲碁の会のメンバー3人が1回目からどんな教え方をするのか、見学がてら手伝いに来てくれた。6路オセロジュン碁、8路オセロジュン碁、純碁9路から本式ルール9路の順に指導するのを見てもらえれば来年からは母親たちが園児を指導できるようになるだろう。
若松


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事