FC2ブログ

初任者研修

2012年11月28日 23:22

船橋市内の小学校初任教師の研修の一つに幼稚園教育の見学がある。若松幼稚園に昨年に続き初任の先生方15名が見学に来た。若松幼稚園での教育内容を見学するのであるが、囲碁教育も見るということで、一クラスだけ囲碁授業をした。いつもは30分だが先生方が入れ替わり立ち替わり出入りするので、今日は50分授業である。どう見せるかは、幼稚園の担任の先生と事前に打ち合わせておいた。いつも通りいくつかの問題を出して園児に答えさせ、園児同士囲碁対局をする。それに先生と園児との対局も取り入れた。一番囲碁がわかっている男児が相手である。逆転に次ぐ逆転で何とか先生が勝った。しばらくして女児が先生に挑戦した。これは先生が一方的に勝となった。対局を見ていて気付いたことは、先生の棋力が園児より数段上でなければ囲碁授業が盛り上がらない、ということだ。先生への囲碁指導がもっと必要であると感じた。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事