FC2ブログ

山下塾

2014年12月20日 22:26

山下塾に幼稚園児が4人入塾したので塾生の棋力は縦長になっている。小中学生の県代表クラスのひと塊があり、次いでそのクラスに9子で勝てるようになった数人がいる。その数人に9子の塊りが何人かいる。その下が幼稚園クラスである。観ていると9子で勝てるようになるのが一つの壁である。9子で勝てるようになると7子まですぐに打てるようになる。山下塾でそれら9子空いている縦長が縮まってきつつあって頼もしい。塾では論語の素読を全員で唱和して終わりにする。終わりの礼をしようとしたら、普段おとなしいシンタロウが手を上げ「来週山下先生の誕生日が来るので皆でハッピーバースデイを歌いたい」と提案してきた。ハッピーバースデイは世界で一番多く歌われている歌であるが、家族以外から歌われることはあまりない。塾生達のハッピバスデイを嬉しく聞いていたが、ちょっと尻つぼみの歌い方だったので手本を示す意味でこんな風に歌うんだよ、と自分向けのハッピーバースデイを歌った。顰蹙をかったキライもある。富士1


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事