FC2ブログ

八千代台西中学校特別授業

2014年12月07日 12:38

12月5日、今年の囲碁特別授業が終了した
大多数が囲碁の事はまったく知らない子供たちである
対局時の礼儀、挨拶から始まった授業、積極的に発言や参加をする子供、無口だが黙々と努力をしている子供
回が進む毎に生徒達の事が見えてくる
こんなに楽しみにしてくれていたんだ、本当はこんなに優しい子供なんだ
そんな発見をしたときは嬉しく、時間がとても短く感じた
毎年最後の二時間はグループ毎の団体戦を行う
勝ってガッツポーズをした子がそれをしてはいけない事に気づき、皆に冷やかされている
別の所では負けるはずの無い子が負けている、聞けば5子を置かせて教えているとの事、優しい子である。

たった12時間の授業で大会が出来る、おぼつかない子供もいる、しかし皆しっかりと打っている
大会のあと、生徒達より色紙を受け取り別れを惜しみ、あっと言う間の一年が終わった。

                                                      加納

                                                           


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事