FC2ブログ

オセロジュン碁

2014年11月29日 22:55

山下塾双子のOBと母親が就職内定の報告にきてくれた。兄は特殊法人、弟は教師に決まった。母親が大学の准教授であることは知っていたが、物理学の准教授だということを初めて知った。父親は金融マンで東南アジアで新会社を展開している。塾長としての観察は、秋の初めから塾生の指導に来てくれている兄の方は、社会人になっていろいろ頭をぶつけるだろう、ぶつけながら成長するタイプとみている。弟は柔らかい性格なので良い教師になる、とみている。食事中、父親がスカイプで会話に参加して更に賑やかなひと時となった。弟は特殊学校の教師を目指し、数年後は院で再び勉強する。囲碁の石取りゲームを指導に取り入れる考えを持っているというので、それならオセロジュン碁がいい、と指導法を伝授した。特殊学校で囲碁を通じて自分の世界を広げた生徒とINGO(ingo-web)で知り合う日が訪れるかもしれない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事