FC2ブログ

オセロジュン碁

2014年11月21日 22:07

オセロジュン碁とは勝手につけた名前である。わかりやすく言うとオセロ式に打ち、純碁ルールで囲碁入門する方式である。オセロは1分でルール説明できる。囲碁も10分もあればルール説明はつく。だがゲームとして面白さが分かるのは、囲碁は半年掛かると感じている。折角囲碁に出会っても面白さが分かる前に離れてしまう人のほうが断然多い。千葉県少年小女囲碁連盟の橋本副会長考案の6路での入門講座を見てヒントを得たのであるが、6路盤で中央に白石黒石を交差させて純碁ルールの盤上に石が多いほうが勝ちとするルールで囲碁入門させたらどうか、と考え幼稚園児、小学生、大人に試してみた。自己解決と言うか初心者同士で勝負をつけられるので、すぐに面白さが分かる。「NPO法人囲碁文化継承の会」会員は色々な場で子供たちに囲碁入門させているが、カリキュラムの決定版は出来ていなかった。「NPO法人囲碁文化継承の会」ではオセロジュン碁で入門講座をすることに決めた。オセロ式6路→8路→9路を経て日本ルール9路盤にする。次いで13路、19路盤に移る。指導者は6路→8路→9路と段階を上げる見極めが必要である。その判断を誤らなければ入門者は囲碁の面白さをスムーズにわかってもらえるだろう。12月からの慶應義塾幼稚舎1年生の囲碁授業で始めてみよう。
オセロジュン碁


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事