FC2ブログ

屋敷小学校

2014年11月19日 21:56

6年続いている屋敷小学校囲碁部の指導は年間6回である。2回は夏休み前なので、詰めて指導できるのは4回である。4回で囲碁を理解してもらうには、と考え、今回初めて8路盤を使って純碁で打たせることにした。幼稚園児に6路純碁、大人に8路純碁の指導はしているが、小学生には初めての試みである。囲碁のルールは5つくらいなので入りやすいが、初心者同士だと終局が分かりにくいところが悩みである。一方純碁の良さは終局の分かり易さである。終局が分かると初心者でもサポートなしで勝敗が分かる。1時間で5~6局打った生徒が何人かいる。眼が二つあると取られない、と教えたわけではないが3目中手を打った生徒がいた。純碁は生き死にを理解させやすい。指導する回数が少ない人たちへの入門には純碁が適しているかもしれない。
小さい文字屋敷


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事