FC2ブログ

2014年10月16日 21:55

2004年のことになるが、当時日本棋院理事長加藤正夫さんと話していて、千葉県少年少女囲碁連盟に助成金があればいろいろな企画が考えられる、と申し上げたら、JFEホールデイング社長の江本寛治さんのところに同行してくれた。あらかじめ加藤さんが下話をして置いてくれていたようで、柄本さんから単刀直入に「子供の大会は年に何回開催して、一囘幾らくらいかかるの?」、と聞かれて、慌てておおよそ一囘20万円くらいかかります、と答えたら、「じゃあ60万円でいいね」、と即答を頂いた。ところがその年の12月に加藤さんが急逝されたので、この話は流れた、と思っていた。しかし流石JFEホールデイングで、以来多少の増減はあるものの、毎年60万円の助成金を頂き続けている。担当部署のS事務局長は囲碁に理解のある方で、子供大会を何回も参観してくれたり、助成金の継続にも力を貸していただいた。今日、例年通りj助成金の報告とお願いに上がったところ、本年末で退職されるとのことである。八年間理解を頂いていたので心細いことであるが、助成のことは後任者に引き継いてくれる、とのことで安堵した。
11IMG_5517.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事