FC2ブログ

神明幼稚園園児・母親の囲碁指導

2014年10月15日 22:27

今日の午前中は神明幼稚園児への囲碁指導で、午後からは母親囲碁の指導であった。すみれ組に入ると児童を落ち着かせるために深呼吸をさせている。すかさず胸にいっぱい息を吸い込み、ちょっと息を止めお腹から吐き出す、と教える。幼稚園児はゲームに対して個人差が大きい。クラスでの石取りゲームを見ていると、何人か囲碁に興味を持てばすぐに強くなると感じる子がいる。担任の先生に、そのことを母親に伝えるように頼んでいる。母親の会は3回目だが30名参加している。そのうち初めての人が6名で囲碁に興味を持つ母親の広がりを感じる。簡単な問題20問に全問正解が何人か出る。9路盤ながら終局まで打ち切れている。この熱心さを観れば母親囲碁の会が発足するのは間違いないようである。帰り際、大学時代吉原由香里さんと同期であった人が話しかけてきた。義父は囲碁を嗜むようなので、おじいちゃんと孫の対局にINGO(ingo-web)を使うように勧めた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事