FC2ブログ

スクエア囲碁の会

2014年10月02日 20:56

スクエア囲碁の会は、昨年入門講座終了後に立ち上がった。今年入会した人のなかには正真正銘の初心者が数人いる。いつも初めに講義してから多面打ち指導碁、会員同士の対局となる。講義を聴くため碁石を片付けようとしているA子さんの盤面を見ると、中盤に差し掛かるところながら、この一手、という局面になっている。相手の石を切りにいくと断然優勢になる局面である。「いい手がありますよ、見つけて!」、A子さんは「さあ」、と首をかしげるばかりである。今日の指導碁八面打ちのメンバーにA子さんも入っていた。一番弱いと自他ともに認めているA子さんが8人の中で最初に終局した。これまで終局まで打てなかったA子さんはちょっと誇らしげである。囲碁の面白がわかるまでもう少しの辛抱、と伝えた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事