FC2ブログ

助成金

2014年08月04日 21:28

主宰しているNPO法人囲碁文化継承の会は設立から6年経つ。毎年500人近くの幼稚園児、小中学生、高校生に囲碁入門講座をしている。その間の運営のための資金は会員の会費、助成金、寄付金で賄われている。昨年は単年度の収支は赤字であるが一会員の個人寄付金で何とか凌げた。毎年新たに幾つかの団体に助成金を申請しているが、ほとんど「貴意に添えません」と空振りに終わっている。今日大同生命厚生事業団の「シニアボランティア活動助成」から申請を認可する通知が来た。これで来年度配布予定の9路紙碁盤セットと13路・19路特殊加工紙碁盤を購入することができる。囲碁文化継承、と言っても講師、道具、カリキュラムはすべてこちらで用意しますので如何ですか、と売り込んでいるのが実態である。そのために企業、事業団に助成金申請は続けていかなけらばならない。
自衛隊2


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事