FC2ブログ

小中学校囲碁団体戦千葉県大会

2014年07月13日 22:15

第11回文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦千葉県予選が船橋中央公民館講堂で行われた。参加チームは37チームで昨年の22チームから大幅に増えた。囲碁の認識が低い現在の状況では、一つの学校で1チーム3人揃えるのが難しい。今年は八木ケ谷中6チーム、柏4中4チーム、若松小3チームと複数チーム参加する学校が増えたからである。地域全体に薄く広がると同時に囲碁の熱心な学校が増えるのは望ましい。37参加チームを見てみると20チームは顔なじみの選手達である。若松小は囲碁指導している若松幼稚園卒園児、八木ケ谷中は5年前から年に何回か指導に行っているところ、柏4中も3年前から大会前に指導に行っている。このほかに山下塾生がそれぞれの地元の学校で選手になっているチームがある。中学校2校、小学校3校が全国大会に出場できるが、中学校代表戦では参加7校中3校、小学校8校中4校に出向いて大会前に選手の特訓をした。囲碁は指導したからと言って急に強くなるわけではないが、団体戦大会の勝負を争う場で、どんな心がけで打つかは伝えられる。全国大会出場校5校中4校の生徒には少し影響があったかもしれない。例年の通り先週行われた個人戦の選手と団体戦代表校の所在する市長を表敬訪問し、激励の言葉をかけてもらうよう依頼した。市長に会う機会がほとんどない選手にはいい刺激と記念になるであろう。全国大会は7月27日から29日である。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事