FC2ブログ

第35回少年少女囲碁大会での子供たち

2014年07月14日 00:01

7月6日 津田沼の東部公民館の囲碁大会に12名の子供を参加させた。
それぞれが頑張り、よい戦いをしてくれていた。
なかでも N.T君は終局がいつなのかも分からない棋力であったが、ある公民館主催の親子教室に父親と参加をし
初歩からやり直した結果、自信を持って大会に参加をして父親の前で優勝をして見せた。
親の力はすごい。
もう一人 気になる I.M君は全敗であった
最終局面までは勝勢なのに逆転されてしまう
指導方法が悪いのか、自分の碁のように悔しさを感じた。
とても優しい子である、一度勝てればそれをキッカケに勝てるようになると思う

                                                     加納


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事