FC2ブログ

碁に夢中

2014年06月28日 21:05

行田西小学校は二年前に文部科学大臣杯小学校囲碁団体戦全国大会で4位に入賞している。末原兄弟は共に高段者であるがチームを組むには一人足りなかった。囲碁を打てる生徒を一人、校長先生に募集してもらい県大会に出場できたことがこの快挙につながった。末原兄が卒業した昨年はチームが作れなかったが今年は教頭に募集をお願いしたら、初心者のM君を紹介され千葉県大会に出場できることになった。3日前M君と打ってみたら、おじいちゃんが一生懸命教えていることが強く感じられた。県大会に向け経験を積むのに山下塾におじいちゃんと一緒に見学に来るよう勧めた。子ども同士の対局は勝負に容赦ない。山下塾の一番下の棋力の塾生にもぼろぼろにされてしまう。そんな時に周りの大人のフォローが必要である。囲碁が分かるだけにおじいちゃんのいらつきは尋常でないのが伝わってくる。「我が子や孫に囲碁を教えようとして失敗するのは、つい教えてしまうからで、面白くなるのを待っているのが一番大事デス」、と話し、初心者に面倒見の良い土屋教室に通うよう勧めておいた。
山下塾


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事