FC2ブログ

若松幼稚園母親囲碁の会

2014年06月26日 21:53

発足して2か月経つ若松幼稚園母親囲碁の会は、月に二回の指導であるが8名ゆえ、ほぼ個人レッスンに近い。意欲があるから進歩も速い。今日から全員19路盤での対局で、ほぼ半分が終局まで打てた。どうやら囲碁の面白さを感じ、一生の趣味になりそうである。途中近くの若松小学校2年生の施設見学で30人ほどの児童が入室した。その中に会員二人の子供もいて、対局中の母親が手を振っている。片方の母親は生まれて5か月の赤ちゃんを連れて通っている。この赤ちゃんはすこぶる親孝行で囲碁を打っている母親のそばで大人しくしていて、あやすとニコッと笑顔を見せる。おおむね赤ちゃんはあやすと笑うものであるが、この赤ちゃんは特に可愛らしい。3人目の孫がもう少しするとこんな風に愛らしくなるのかな、と重ねている。
赤ちゃん



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事