FC2ブログ

幼稚舎囲碁指導

2014年06月19日 22:30

幼稚舎囲碁指導は今年の新学期で7年目である。幼稚舎では訪問者は事前に登録が必要だから、私のサポート役は慶應義塾大学囲碁部員として登録ている。サポートに連続して来る学生は殆どなく、その都度変わる。またサポートは一人が原則だが、希望によって3人もきてくれる時もある。3年ほど前までは山下塾OBにして慶大囲碁部員であった門元君が手伝ってくれていたが、彼の卒業後、サポートが途絶えることがないよう、、後輩にこの仕組みを残してくれた。今回は大学1年生の在原君に頼んだ。彼とは普通部(中学)囲碁部に指導に行ったとき以来だから、7年の付き合いになる。彼は幼稚舎出身で、今日は8年ぶりに母校を訪れたことになる。授業が終わった後、廊下ですれ違った先生に挨拶を交わし、往時の担任の先生に会いに教員室に向かっていった。慶應には「半学半教」の教えがある。先に学んだ者があとの者を教える意である。あと3回の囲碁授業サポートは在原君に決めた。
幼稚舎


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事