FC2ブログ

入門講座

2013年03月20日 22:55

街の碁会所の主から商売繁盛のコツは、お客さんの相手のつけ方は棋力が基準だが、それだけではだめで、気の合わない人通しとは打たせないことで、そこの見極めが大切と聞いたことがあった。スクエア囲碁入門講座3日間の2日目である。16名の定員で締め切ったが実際に受けるのは10名である。入門と言っても全くの初心者からかなり打つ人まで受講している。経験者は、しばらく前に打っていたがまた始めたいと思っている人である。初日が9路盤での対局であったから今回は13路盤で打ってもらうことにした。棋力が混じった入門講座では棋力が同じくらいの組み合わせが大切で、違いすぎると弱いほうの人は一度で囲碁が嫌になってしまう。ゆえに10名の組み合わせは、まずは棋力の判定からで、それは対局を見ていたら殆んど見極めがついた。対局中は練習だからと助言することにしていて、初心者にはルール的なこと、経験者にはもう一段上に行くにはどう考えたらいいか、を伝える。次回は19路盤に挑戦である。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事