FC2ブログ

入園式

2014年04月10日 20:12

若松幼稚園の入園式には毎年来賓として招かれている。3年保育の幼稚園児は如何にもかわいらしい。幼稚園のほうでは手遊びを入れて、園児が退屈しないように工夫しているが、それでも母親と離れて不安で、泣く子が毎年でる。理事長が初めに「泣いている子はいないネ」と言ったからか、今年は一人もいない。式後の懇談の席で来賓の一人に見覚えのある顔に出会った。4年前まで習志野市屋敷小学校の教頭だったYさんである。今年船橋市若松小学校の校長に赴任されたという。屋敷小での囲碁指導の折は、他の小学校に比べ大変丁寧な応対を受けていたので記憶に強く残っていた。開けっぴろげな人柄の新校長に、若松小学校でも囲碁を取り上げてください、と売り込んでおいた。
京都大


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事