FC2ブログ

八千代台西中夢タイム

2014年05月16日 22:54

夢タイムは、八千代市八千代台西中学校が総合的な学習時間に3年生を対象に日本文化を学ばせる特別授業である。3年生137名全員を講堂に集め、囲碁、将棋、書道、能楽、絵手紙、茶道、百人一首の各外部講師がプレゼンを行い、生徒に希望科目を選ばせるのである。囲碁の説明では2日前地球に帰還した若田さんが宇宙で初めて囲碁を打った説明から入った。歴史的な背景はパネルを使って見せ、また囲碁を取り入れている大学の授業の様子を説明した。ルールは5つで簡単だが、10の350乗もの変化がある世界にどうぞ、と締めくくった。単純に考えて、7科目であるから生徒が均等に選択してくれれば20名ずつになるが、そううまくはいかない。第4希望まで書かせ、学校側で平均するよう調整することになっている。夢タイム授業は4年目になるが、3年生全員の中で一人、是非、囲碁を選択してもらいたい生徒が目に留まった。教頭先生にその希望を伝えたが、その子が選んでくれるかはわからない。
八千代


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事