fc2ブログ

船橋幼稚園

2014年04月22日 22:02

今日は、船橋幼稚園囲碁指導初日である。この幼稚園での囲碁指導の評価は年々高まっている。園児の中から囲碁の時間が一番面白いと言う話が出ているようで、担任の先生は複雑な思いのようである。何事もそうだが、最初の一歩が大切である。幼稚園児に、囲碁は難しい、面白くないとの印象を与えてないけない。囲碁って、簡単で楽しい、と思ってもらえるよう努める。経験上、最初の30分で盛り上がれば園児は囲碁の時間を楽しみに待っていてくれる。ほとんどの園児が応えられるような簡単な問題を出す。「ハイ、ハイ」と手を挙げている子を選ばず、手を上げない子を指名するようにしている。普段目立たない子が正解を出すとクラス中が盛り上がる。引っ込み思案の子の母親は囲碁の時間、大丈夫だったか、気になっている、と聞いている。家に帰って、前に出て応えられた、と報告すれば母親は安心するだろう。また、いつも最初にマナーについて話すとき「お願いします」「ありがとうございました」の挨拶を必ず言うように、と話す。それに一つ加えて勝っても「ガッツポーズしない」と話す。何故ガッツポーズしてはいけないか、の質問に、今年は3クラスのうち2クラスで「相手の人に悪いから、とすぐに答えが出た。相手を慮る日本文化の精神は幼稚園児にも伝わっている、と頼もしく思った。
幼稚園


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事