FC2ブログ

神明幼稚園囲碁指導2「家庭に囲碁を」

2009年05月27日 17:29

先週に続いて年長組二クラス囲碁指導初日である。
当幼稚園は畑佐耕一郎園長が大変な囲碁理解者である。
添付した写真のようにこれまで毎回、自ら教室に入り、
囲碁指導をしてくださる。
単に囲碁を知っているおじさんが指導するのとは、園児の
受け止めは大違いで、よく乗って来てくれる。
下の文章は園長が保護者にあてた手紙である。紙でできた
9路盤と手作りの6路盤に添えて渡される。
「家庭に囲碁を」の願いで幼稚園をまわる私には何より
嬉しいことである。

平成21年5月27日
しんめいだより
囲碁遊びについて

本日、千葉県少年少女囲碁連盟会長の山下功先生指導
による「六路盤」を使用した囲碁遊びを行いました。
子どもたちには、初めての出来事であり、楽しさもありまし
たが、ルールを覚える戸惑いもあったと思います。
そこで、幼稚園より「紙製の九路盤セット」及び「紙製手
作り六路盤」をお渡ししますので、是非、ご家庭でもご
活用頂きたいと存じます。
尚、配布した六路盤には碁石がありません。六路盤で
遊ぶときは九路盤の紙碁石を使用してください。
(紙製の九路盤セット及び紙製手作り六路盤の配布は
今回限りですので、大切にご使用願います)

追伸
今後、約二ヶ月に一度のペースで、山下功先生の指導
があります。
(次回は七月初旬に行う予定です)
指導日に、碁石セットを持参する必要はありません。

遊び方
インターネット http://webs.to/igo(碁に夢中) 
「六路盤で囲碁入門」
を参考にしてください。
尚、今後、囲碁大会のお知らせを配布します。
ルールを覚えた幼児の参加をお勧めします。

囲碁遊びの注意点
一. 始める前に、「よろしくお願いします」とお互い挨拶をする
二. 「待った」は、しない。(一度置いた碁石は、動かさない)
三. ゲームが終わったら、勝ち負けにかかわらず
「ありがとうございました」とお互いが挨拶を交わす
四. ゲーム終了後は、きちんと「片づけ」をする。
以上




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事