FC2ブログ

縁を引く

2009年07月23日 16:54

学童保育の場は夏休みになると存在意義が増す。
朝8時半から夜7時まで児童は安全に楽しく過ごせる。
先生方は大変のようだ。一人の先生が勤められるのは
7時間半と決まっているらしく、児童が気にはなっても
4時半には引き継がなくてはいけない。
津田沼児童会の夏休み前の囲碁指導でK先生が電話で
頼んだら島田副市長が見学に来られた。
校長先生、教頭先生も一緒なので余計子供たちは
盛り上がっている。
子供たちは大喜びで副市長を取り囲み、何か書いて
くれるようねだっている。
夏休みに入るとそれぞれの家庭の事情で、児童たち
の数は増減する。
今日はいつも熱心に囲碁を打ちたがる子が休みで
ちょっと拍子ぬけする。
その分、何人もの児童の相手ができる。
K先生から藤崎小学校児童会での囲碁指導を紹介される。
藤崎小は4年前に指導したことがある。その時の児童は
4年生になっているから、知っている児童は居ないはずだ。
来月は新しく58名の児童との縁ができる。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事