FC2ブログ

83:82の確率

2009年09月06日 16:36

第28回千葉市船橋市市民親善囲碁大会が開催された。
28年前、松井旭千葉市長と大橋和夫船橋市長が
野球に都市対抗があるので、囲碁でも都市対抗を
やりましょうと合意し、両市で150名づつの親善大会が
開催された。
爾来千葉市,船橋市が相互に開催している。
最近は150名づつの参加は難しく、今回は両市で
160名の大会となった。
28年続くとどちらが勝つかより、両市の老若男女の囲碁
ファンが友情を育む場の色彩が強くなっている。
今回は船橋の3小学校で新型インフルエンザの
感染者が出て開催を危ぶまれたが、マスクをするのが
望ましいとの保健所の指導を受け、参加者に通知した。
マスク着用の対局は、まさに今年ならではの風景である。
今回の結果は船橋市83勝千葉市82勝とわずか1勝差で
船橋市が勝利した。1勝差は初めてのことである。
さてA、Bチームがそれぞれ83勝82敗になる確率は如何
に、と考えてみたが、わからない。
家人の友人で7?歳のM子さんが医科コースに進学した孫の
数学をみてやっていた話を思い出し、電話で聴いてみた。
一晩考えられ、165C83(1/2)83乗(1/2)82乗の数式
と、約6.2%の解を示してくれた。
船橋の選手にとって自分の1勝が、直接チームの勝利に
貢献したことになり、団体戦ながら個人の1勝の重みを感
じたことだろう。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事