FC2ブログ

テレビ取材

2009年09月16日 16:31

屋敷小学校棋道部と津田沼小学校棋道部の指導日が
同じ日になった。
いつもなら津田沼小は海野、山田氏がいるので、屋敷小
に行く。
屋敷小棋道部は今年は5回しか指導できないので、
前回少し無理だったが、一回で本当の囲碁ルールまで
説明した。皆よく理解していたので気がかりであったが
今回は習志野市の広報課と地元のケーブルテレビが
津田沼小棋道部に取材に来るとのことで、屋敷小は
八巻氏にお願いした。
津田沼小棋道部は昨年までは将棋を希望する子が
多かったが、今年は将棋と囲碁がほぼ半々になり、
やりがいがある。
ケーブルテレビの取材は二人のクルーでカメラマンと
インタビュアーが兼任している。
何人にも話を聞いているが、地域の大人がどう子供
たちとかかわっているか、子供たちはそれをどう受け
止めているかをテーマとしている。
いくつかの市に学校への囲碁指導を打診してきたが
一般人を学校に入れるのに抵抗感があるところが多い。
教師のOBならよしとする空気がある。
一般人でも意欲と技術があれば積極的に教育の場に
生かすべきといつも主張している。
今回の取材は地域の力を教育現場に生かす姿を
紹介しているのでありがたい。
それにしても今の子供はテレビに出たがる。我も我もと
カメラに映りたがる。
積極的でよろしい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事