FC2ブログ

学童保育

2009年10月09日 16:24

習志野市と八千代市では数か所の学童保育の場で
仲間とともに囲碁を指導している。
地元の船橋市では何度もトライしているがまだ実現
していない。
今年日本棋院の理事を連れて市の担当者のところに
行ったが、当市では学童保育の場に外部講師は
一切認めないと門前払いを受けた。
それ以来市会議員、市役所の幹部にこの考えは
おかしい、民間の力を生かすべきと言ってきた。
どの力が働いたかわからないが今日、市の児童育成課
から囲碁指導が可能かとの問い合わせがあった。
すぐに、会いにいき他市の状況も話し、いかようにも
対応できると説明をした。
学童保育の場では児童は親にも、学校の先生にも、
見せない顔を見せる。
保育の先生だけしか知らない児童の世界がある。
保育の先生は臨時雇いのため、保護者からのクレーム
に弱い。いま何事も無く済んでいるのなら囲碁に限らず
新しいことへの取組みには消極的になる。
いつも囲碁を教える前にマナー、礼儀を教えている。
時には教室が一瞬シーンとなる大きな声も出す。
これまで一番うれしかったのはT校で一番手こずった、
保育の先生も扱いかねていた児童が最後の指導日に
「2年間教えてくれてありがとう」と言われた時である。
児童育成課では保育の場はいろいろ条件が違うので
それらを勘案して選ぶと言ってくれた。
長年の希望が実現すると思うと市役所の3階から
降りる足取りも軽くなる。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事