FC2ブログ

藤崎児童会

2009年11月12日 16:07

藤崎児童会の囲碁指導に行ったら「児童会の相談員です」と自己紹介されたF氏に会った。
子供たちは先生、先生と呼んでいる。聞くと前の校長先生だった。
囲碁だけを教えているのでなく、礼儀も教えていることを知ってもらおうと、打ち始める時の挨拶、終わってからの挨拶、中座するときの挨拶を話し、「囲碁って勝ってもガッツホースしないんだ、なぜだと思う」と子供たちに聞いてみた。
パッと「相手に悪いじゃ」と答えたのはなんといつも先生を手こずらせているK君であった。
つい「いつも叱られているK君すごいね正解!」と褒めてあげた。
児童会の先生は来月のクリスマスの時、囲碁大会をやりましょうと提案している。
初心者から15級までの囲碁大会を皆に楽しんでもらうにはどんな仕掛けが良いか?
これを考えるのも楽しみなことである。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事