FC2ブログ

4都県対抗小中学生囲碁大会

2009年11月22日 16:00

今日第3回4都県対抗小中学生囲碁大会が日本棋院で開催された。
この大会の生みの親と言ってもいいと思う。
3年前埼玉に住む慶應大学囲碁部の後輩K君が山下塾に子供を連れて来た。
その縁で千葉県と埼玉県の60名づつの対抗戦をやろうと提案し、浦安で開催した。
60名がみな県代表との意識で打ち、子どもたちは喜んでくれた。
またプロ棋士9名の指導碁も評判が良かった。
両県の役員が来年も続けることにきめていたが、子供たちの喜ぶ姿を見て、東京都と神奈川県にも呼びかけようと藤沢一就八段に話したことから第一回4都県対抗小中学生囲碁大会に拡大開催されることになった。
千葉県は第一回は2位、第二回は3位、第三回は4位である。
今年の総成績は39勝128敗で、勝率は2割5分くらいである。
特に東京都とは5勝50敗の大差である。
他県のこどもたちが、「5-50かよ、千葉ってヤバくねえ・・・」と、子供は正直である。
3年前埼玉県に圧勝したことから考えると隔世の感がある。
何が足りないのか。どんな手を打てばよいのか。
千葉県では子供大会の多さは他都県に負けない。その自負があるだけに何とも悔しい。
ワイングラスを傾けながら、どんな檄を飛ばすか考えよう。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事