FC2ブログ

心の整理

2009年12月13日 15:52

囲碁を正規の授業に取り入れている学校の1年生の囲碁授業が始まった。
この学校は6年生まで同じ先生、同じクラスメートで持ち上がる。
このクラスの担任S先生に囲碁を取り入れたクラスと他のクラスとの違いが必ず出ますと言いきっている。
結果を出さなければと思う。
最初の授業で2時限取ってくれたのはありがたい。
1時限40分だと子供は忘れているので何回も同じことを説明する必要がある。
その点2時限あれば、マナーから始まってルール説明が一回でできる。
担任のS先生は自分の氣に染まらないことがあると心の整理のできない生徒が何人かいると話された。
礼儀とともにそれを配慮してほしいと言われた。
囲碁に負けて泣く子はよくいる。そんな子は囲碁が好きになる。
厄介なのは負けて「もうやらない」と言う子である。
心の整理のできない子はこのタイプである。
一クラスを見ていると何人か必ずいる。2~3人、気になる子がいる。
このクラスはそんな子をよく見分けて、負けても負けても囲碁を続ける子にしてみたい。
失敗しても何度も挑戦することに繋がれば嬉しい。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事