FC2ブログ

支援金

2013年06月02日 19:56

NPO法人 囲碁文化継承の会が、船橋市市民公益活動公募型支援事業に応募して採用され3年間支援を受けた。年度はじめに審査員や一般市民の前で活動報告が行われる。新学期が始まって、幼稚園、小中学校で囲碁の認識が高まり、指導依頼が増えていることを報告し、指導風景を撮影した写真をパネル展示した。今年度、支援を受けた団体は31である。事業費のうち支援金に該当する資金の半額が認可され、実績により支給される。3年間で200万円の支援金を受けた団体が最高である。当会は3年間で60万円ほど支援された。支援金をいただいて資金面で活動が活発にできたのは無論だが、事業として公に認められているという自負以上に、税金を使わせてもらっているという意識が一番大きかった。この身の引き締まる感覚は得難いものである。3年間の支援を感謝したい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事