FC2ブログ

ジュニア組

2009年12月19日 15:48

山下塾ジュニア組を開いてから二年余になる。
325所帯のマンションを購入するときここに住むこどもの囲碁教室を、との思いがなかったわけではない。
囲碁私塾山下塾は移り住む前の住まいから20年余続けている。
こちらは駅から近くなった分塾生は楽になった。
ジュニア組はヒョンなことから始まった。このマンションに住むTさんが近くの公民館の囲碁サークルに子供に囲碁を教えてほしいと訪ねた。
そのサークルの会長に、同じマンションの山下塾を紹介されて見学に来たが、なにせ塾生は有段者揃いで、初心者が入るのは無理である。
そこで5人くらい集めれば教えても良いと返事をしたところ10名ほど集まった。
爾来子供が増え、いまは32名来ている。
ところがこのところ一部の子に欠席が目立つようになった。
先日囲碁に向いている1年生の子に特訓をしようと思ったが、月曜日しか空いていないと言うので断念した。
ことほど左様に子供たちは忙しい、サッカー、野球、水泳、相撲、空手、ピアノ等のほか、学習塾にも通っている。
山下塾ジュニアはいつ来てもいい、月謝は無し、と気楽な囲碁塾にしている。
このことが行っても行かなくてもいいや、寝坊したらやめておこうと言う気分につながっているかもしれない。
囲碁はルールは簡単だが面白さが分かるまで時間がかかる。
現行の月に3回,1回1時間では面白さを分らせるのは無理かもしれない。
いったんジュニア組を閉じて、またやりたくなった子だけの囲碁塾にしようかと考えた。
そんな折、幼稚園年中組のD君が訪ねて来て「アリガトウ、らいねんもおしえて」と手紙を持って来た。
この子が一人でもいるなら,やはり続けるか。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事