FC2ブログ

MVP

2009年12月20日 15:47

千葉県少年少女囲碁連盟の忘年会があった。
忘年会の前に今年の活動の反省と来年の計画を話し合った。
例年に比べ今年は子供囲碁大会が多く連盟委員の負担は大きかった。
連盟主催と共催を合わせて9大会開催された。
新しい企画としては大学祭での子供囲碁大会と介護施設での大会に子供が参加したことである。
来年は7つの大会を計画している。そのほかに参加を依頼される大会も予測される。
反省としては4都県対抗戦で最下位になったことである。
当初は東京都と優勝を争っていたことを考えればまことに残念である。
このことから入門した子供を速く初段にする仕組みを作ろう。
それにはと「囲碁寺小屋」を立ち上げることとなった。
「囲碁寺子屋」は学童保育の囲碁版である。
ウィークデイの3時半から6時半まで囲碁を打つ子を集め囲碁を打たせようと言うのである。
連盟の委員が手分けして当番を務める。
今年の企画を主として受け持ち、新企画を考えた委員の入江氏が今年のMVPと評価が一致した。
忘年会は船橋で安く、旨く、個室がある、定番のK屋である。
この店は夕方になるとひとりで飲む客、仲間と飲む客でいつも満席である。
我々も飲み放題4000円の元は十分とれたほどの盛り上がりであった。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事