FC2ブログ

1年間ありがとう

2010年01月12日 15:39

21年度若松幼稚園年長組の囲碁指導最終日である。
お正月にお年玉を貰った人と聞くと全員が手を上げる。
いくら?と聞くと「501円」「9万円」とさまざまである。
おじいちゃんかおばあちゃんと囲碁を打った人と聞くと各クラス3~4人いる。
最終回は石取りゲームでなく、本当の囲碁のルールを指導する。
幼稚園では石取りゲームがまだ理解できない園児、本当の囲碁ルールでしっかり打てる園児と個人差が大きい。
幼稚園で囲碁指導する一番の目的は「お願いします」「有難うございました」の挨拶が身につくことである。
もう一つは卒園してどこかで囲碁に出会ったとき、まったく囲碁を知らないのと幼稚園で囲碁に触れたのとは囲碁の入り方が違う。
幼稚園では石取りゲームで終わるのが楽であるが、どこかで囲碁に出会ったときを考えれば正式なルールを知っておいてほしい。
「一年間楽しかったよ」と言って修了とした。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事