FC2ブログ

生活発表会

2010年01月30日 15:31

囲碁指導に言っている若松幼稚園の第14回生活発表会に招待された。
幼稚園の発表会なれど1100名定員の船橋市民文化ホールが満員になる大きな会である。
年少組、年中組、年長組それぞれ3回は舞台に立つ。
朝10時から16時半までの大公演?である。
年少組は歌とダンス、年中組と年長組は歌と劇である。年長組は各組20分余の劇である。
どの劇も練習を重ねたことが良くわかる熱演ぶりである。
司会を年長組の園児が担当する。皆立派な態度である。
若松幼稚園は尾木理事長が平成8年に引き継いだときには園児が26名であった。
今は300人を超す船橋市内有数の幼稚園である。
5年前尾木理事長に保育の一つに囲碁をと、お願いして爾来毎年続いている。
教育理念に「自分の子であれ他人の子であれ、次世代の人に尽くすことは、遠い昔から美徳とされてきました。今こそ、私たちが先達から受けた恩を返し、子どもたちが夢を叶える手伝いをしようではありませんか」とある。
わが囲碁文化継承の会の理念と共通している。

年少組の初舞台



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事