FC2ブログ

囲碁寺子屋2

2010年02月04日 15:30

1月に囲碁寺子屋の顔見世をした。
先ずはやってみようと始めたので、生徒より先生の方が多い。
2月から本格スタートである。
生徒6名に先生5人。ほぼマンツーマンである。
寺子屋と名づけたからには囲碁だけではない。
四字熟語を読んで書かせる。音読することが大切なのは昔の寺子屋と同じである。
幼稚園年中組の子にも書かせる。
四字熟語はポジテイブな言葉を選ぶ。
俳句もやる。芭蕉は子供に馴染にくいので一茶の俳句である。諺もやる。
生徒の親は全国区クラスの強い親、囲碁が全くちんぷんかんぷんの親と様々である。
指導碁、対局、棋譜並べ、詰碁とやると指導時間の2時間半はあっという間に終わる。
スタートでは有段者3名、10級前後が3名である。幼稚園から中学生までいる。
今月中に10人の生徒、10人集まれば20人はすぐに集まる。
年内には50人が目標である。
先生が教えるのに夢中にならないようにする。
”楽しく、為になる”がモットーである。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事