FC2ブログ

八千代市教育委員会

2010年03月09日 15:09

千葉県八千代市教育委員会から電話があった。
ここ数年続いている小学校の囲碁指導を来年度も継続してくれるかとの問い合わせである。
そのほかに相談があると言う。
八千代市に縁ができたのは山下塾の塾生S君からである。S君が八千代市の将棋囲碁大会に出場した。
この大会には例年市長が祝辞を述べにくるくらいだから市役所も熱を入れていいる。
囲碁より将棋のほうが盛んで参加者も多い。
将棋のしっかりした指導者がいるのである。
S君が大会に出た折に指導者A氏がS君に誰に習っているの?と聞いたことから、山下塾に電話があった。
A氏が尋ねてこられ、八千代市教育委員会に将棋の指導を登録していて小学校に教えに行っている、囲碁もやったらどうですかと誘われ、申し込んだ。
八千代市の小学校に指導に行くことになった由縁である。
S君が山下塾に来たのは、八千代幼稚園から親子200人に囲碁の講演を依頼されたのがきっかけである。
頼まれればどこにでも行くことにしている。
丙廼偉さんの言うところの「芸無止境」ならぬ「縁無止境」である。

八千代市立西高津小学校3年生



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事