FC2ブログ

恩返し

2010年03月24日 15:00

津田沼児童会で4年間囲碁指導を導入していただいたK先生が移動になるので今日指導者達と歓送会を開いた。
これまで囲碁指導をしているとの思いでやっていたが、一方通行でもっと児童会の先生の意見を汲み取らなければいけなかったかと思えた。
囲碁のルールは5つしかないが、面白さがわかるまでは辛抱が必要である。
一週間の45分だけとはいえ、囲碁が難しいと思う子供にとっては苦痛の時間かもしれない。4月からの指導には1年生が入るので新しいカリキュラムを組むことにした。
アタリがわかれば30級、13路盤で打てれば27級、19路盤で打てれば25級と全員に級を決め、進歩に応じて昇級させる。
もう一つ3人の指導員が囲碁に向いていそうな子を集中的に指導する。3人育てば全体のレベルが上がる。
まだ入学式を迎えていない新一年生に指導する4月6日が勝負である。
より盛んにすることがK先生への恩返しである。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事